それまで聞いたことのない国、バヌアツに行ってみた②

こんにちは、ますQです。

前回に続き、バヌアツについてです。

ニュージーランドで初めて聞いて、調べもせずガイドブックもなくやってきた国です。

そんなバヌアツであったことを書きたいと思います。

 

日本人の貧乏旅行は珍しい??

[ad#co-1]

 

私たちはニュージーランドとオーストラリアバックパックで旅行していて、その途中でバヌアツに寄ってみました。

旅はまだ1ヶ月弱続きます。

お金を節約できるところは節約して過ごしました。

キッチンのある宿では、だいたい自炊していました。

まぁ、私は料理ができないので友達が作るのを少し手伝うだけですが。

 

バヌアツで泊まったホテルはキッチンがないので、私たちはスーパーで買ったパンや果物を、ホテルの休憩スペースでよく食べていました。

ニュージーランドから来た夫婦がそんな私たちの様子を見て、

「このホテルのレストランはそんなに高くないわよ」と教えてくれました。

聞いたら、1000円くらいで、確かにそこまで高くはないですが、私たちには贅沢です。

そう言うと、

「日本人の女の子は外国でブランド物ばかりを買ってるイメージだったから、あなた達は新鮮だわ」というようなことを言われました。

 

次に会った時には、その夫婦はトマトやリンゴなどをくれました。

よほど気になったんですかね。

 

韓国人と日本人でも懐かしい??

 

貧乏旅行の私たちでも、時には乗り合いタクシーに乗って、中心街まで行ったりもしました。

市場があったので精一杯値切りながら買い物をしたり、屋台料理を食べたりしました。

そこで食べた魚料理で、友達はお腹を壊してましたね。

私は同じものを食べたけど、平気でした。

なんの魚かわかりませんでしたが、おいしく食べたのを覚えています。

 

市場を見てると、少し離れたところから声をかけられました。

韓国人の男の子でした。

バヌアツというあまり馴染みのない国にいるからか、アジア人同士で会っただけで連体感のようなものがありましたね。

お互いに、昔の友達に偶然会ったかのようなテンションでしたね。

 

シュノーケリング

[ad#co-1]

 

私たちが泊まったハイダウエイアイランドリゾートは、ハイダウエイアイランドという島にあります。

ホテルの周りは海です。

 

道具はタダで貸してくれるので、私はシュノーケリングを楽しみました。

本島(エファテ島)までも100メートルくらいなのですぐですが、反対側に泳ぐと、急に深くなります。

海底が見えないくらいに、いちめん青の世界になります。

水に色がついているんじゃないかと言うくらいに、青かったです。

海の水が透明で、深いはずなのにすぐ近くに海底が見える、という海は見たことがありますが、青すぎて他のものが見えない、というのは初めての体験でした。

どこまでも青い海に自分ひとり、という感覚に味わうことができました。

 

私は飽きずに海の中にいたんですが、ひとりで泳いだ記憶しかないんですよね。

女3人で行ったのに、友達は泳がなかったんでしょうか。

これもあまり覚えてません。

宿泊客は他にもいたはずですが、泳いている人はあまり見ませんでしたね。

みんな海水浴に来るわけじゃないのかな。

 

ポストカードを送ってみた

私は海外に行くとよくポストカードを書きます。

年末年始に行くときは年賀状代わりに、20人くらいに出したりもしました。

家族宛てに出したりもするし、自分宛てに出したこともあります。

そういえば、イタリアからポストカードを出した時は「AIR MAIL」としっかり書いたにもかかわらず、何故か船便になって、帰国してから2ヶ月くらい経って届いたこともありました。

「このハガキは船便で送られました」っていうハンコがわざわざ押されていましたね(笑)

 

バヌアツでは、同行した友達にカードを書きました。

お互いに書いて送ったんです。

イタリアからのカードが船便になるくらいだから、バヌアツからはどれだけ遅くに届くのだろうと思いました。

届かない可能性もあるなぁと思ったので、1枚しか出しませんでした。

 

私はバヌアツの後も1ヶ月くらい旅行してから帰国したので、どれくらいで届いたのかわかりませんが、帰国した時にはもう着いていました。

ちゃんも届いていたのがちょっと意外でしたね。

 

でも、カードは。。。

「海底から送られてきたのかな?」っていうくらいに、濡れたらしくふにゃふにゃに曲がっていました。

友達からのメッセージは、滲んでいたものの、読むことができました。

旅の思い出として、今でも大切にとってあります。

お金のない貧乏旅行の時や、かさばるお土産はいらないけど何か思い出になるものが欲しい時、自分宛てにポストカードを出すのはオススメですよ。

 

バヌアツであったアレコレを書いてみました。

南太平洋の島には、他にフィジーとニューカレドニアに行ったことがあります。

フィジーもニューカレドニアも、日本から行きやすいせいかリゾート地として整っているイメージです。(そうではない部分もたくさんありますが)

バヌアツはもっと素朴な、飾らないところでした。

行って良かったと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください