4歳の長女にとっての七夕

こんにちは、ますQです。

もう7月ですね。

ゴールデンウィーク明けに仕事復帰してから、時の流れが速すぎます。

7月の行事と言えば、7月7日の七夕がありますね。

大人になってからはすっかり忘れ去られる行事ですが(遠距離恋愛中の人にとっては、大事なのかな?)、保育園児の長女にとっての七夕について書いてみたいと思います。

 

 

これまでの願いごと

[ad#co-1]

 

七夕と言えば、願いごとを短冊に書いて笹に飾るのがメインイベントですよね。

私は面倒くさがりなので、家でそんなことはしませんが、保育園でしっかりとやってくれます。

短冊を持ち帰って願いごとを書いて、保育園にある笹に飾ります。

 

1歳

長女は11月生まれなので、入園後初めての七夕は1歳8ヶ月でした。

まだいくつかの単語を話せるくらいだったので、願いごとなんて言えません。

私が勝手に、「これからも元気で楽しく過ごせますように」みたいな無難な願いごとを書いた気がします。

無難だけど、とても大事な願いですね。

 

2歳

2歳の時は、夏風邪が長引いて、短冊を飾る期間中ずっと休んでて七夕も終わってしまって、願いごとを飾れずに終わってしまいました。

でも、長女に聞いてみたんですよ。

「大きくなったら何になりたい?」って。

 

長女の答えは、

「ひよこ」でした。

 

保育園では自分のマークがあって、帽子にそのマークのアップリケを付けたり、ロッカーや靴箱に名前とマークで示されたりしています。

長女は自分のマークがひよこで、自分がひよこマークなのが嬉しいし、ひよこに愛着があるみたいです。

 

日を変えてもう一度、「大きくなったら何になりたい?」と聞いてみても、

「ひよこ」と返ってきました。

何度聞いても答えは「ひよこ」です。

 

今の長女の願いはひよこになることなんだ、と思って、短冊には

「大きくなったらひよこになりたい」と書きました。

 

3歳

2歳の時の願いが面白かったので、その後もよく、「大きくなったら何になりたい?」って聞いていて、「ひよこ」と答えが返ってくると安心していました。

 

でも、世の中を知っていくにつれ、願いも変わっていきました。

「ケーキ屋さんになりたい」と言うことが多くなりました。

「ひよこは??」と聞くと、

「ひよこが手伝ってくれるケーキ屋さん」と言いました。

 

自分はひよこにはなれないと悟ったのか。

「ケーキを売るひよこになる」とまでは思い至らなかったのか。

とにかく、自分イコールひよこではなくなりました。

少しさみしかったですね。

 

その年の七夕の願いごとも、「大きくなったらケーキ屋さんになりたい」でした。

長女はそんなにケーキが好きではなく、いつも少しだけ食べて残すのですが、ケーキを作る人にはなりたいようです。

 

 

4歳の今年の願いごと

[ad#co-1]

 

最近もおままごとが好きですし、ケーキ屋さんになりきって遊んだりもしているので、今年の願いごともケーキ屋さんかなと予想していたのですが。

今年は

「プリキュアのホイップになりたい」でした。

 

女の子に人気のあるプリキュアですが、私も長女もテレビを見たことがありません。

でもオモチャ売り場には必ず売っているし、目にする機会も多いです。

そして保育園で他の女の子から、色んな情報を聞いてくるみたいです。

すっかりプリキュア好きになっています。

 

一度競馬場で行われたプリキュアショーを見に行ったのですが、悪役が出てくる場面だと怖がって「もう見ない!帰る~」と泣き叫んでいて、未だにテレビは見ようともしません。

プリキュアシールや塗り絵などを見て楽しんでいます。

私も見たことないので内容はわかりませんが、「セーラームーンの次のやつ」と言われてなんとなく納得しました。

 

今のプリキュアは5人いるようなのですが、長女はそのなかのホイップという、ピンクのキャラクターがお気に入りみたいです。

お友達と役割を決めて、プリキュアごっこもしているようです。

本物を聞いたこともないのに、歌まで歌って踊っています。

 

今の長女の生活にはプリキュアが根付いているようで、七夕の願いごとも、当然のようにプリキュアでした。

自分イコールひよこではないと悟ったのかと思いきや、自分イコールプリキュアと思っているらしいですね。

 

「七夕の日、起きたらホイップになってるかなぁ」と楽しそうに話しているので、

「神様、プリキュア知らないかもね」とか「神様にもできないこともあるかもよ」とか予防線を張ってみました。

叶わない願いごとがあると知るのも勉強ですが、願っても叶わないと思い込むのも問題です。

叶わなくてガッカリするのもかわいそうですからね。

 

でも長女は、

「ケーキ屋さんにだって、なってないもんね」とあっさりと言いました。

去年の願いごとを覚えていて、それが叶ってないこともわかっているんですね。

 

 

次女の願いごとを何にしようかと考えていたら、長女が決めてくれました。

「大きくなってお姉ちゃんと一緒に遊べますように」という願いです。

これは叶う願いごとですね。

もう半分以上叶っています。

 

たかが七夕の願いごとだけど、子どもにとっては大事な行事だし、子どもがいる親にとってはなかなか面白いものがあります。

来年には次女も自分で願いごとを決めるでしょうし、長女のこれからの願いごとも楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください