1歳の誕生日で卒乳② 断乳中の寝かしつけ

こんにちは、ますQです。

次女の卒乳について、ふたつめの記事です。

「1歳の誕生日プレゼントが最後のおっぱい」と決めて、卒乳を決意します。

ついにその日がやってきました。

 

最後の授乳

[ad#co-1]

 

4月28日、次女の1歳の誕生日当日です。

「おめでとう」はいっぱい言ったけれど、日中は保育園だし、特別なことはしなかった一日でした。

その頃既に授乳は寝かしつけの添い乳のみだったので、その日も添い乳で寝かせます。

保育園後に、長女のクラスの集まりがあったので、いつもより遅い時間で眠そうです。

 

乳首の根元が切れているため、痛みをこらえての授乳です。

左右どちらも切れているので、どっちを飲ませても痛い。

「これで最後の授乳!」と感慨にふけるわけでも、寂しく感じるわけでもなく、痛いから早く寝てほしいなぁと思っているだけの授乳でした。

 

夜中にも明け方にも起きて泣いて添い乳をしました。

日付が変わってからも授乳したので、正確には「誕生日が最後の授乳」ではないのですが、授乳はこれで最後です。

本当の最後の授乳はほとんど眠りながらだったので、特に記憶もありません(笑)。

 

断乳初日の寝かしつけ

もともと昼間はおっぱいを飲んでいなかったので、日中は何も問題はありませんでした。

昼寝はだいたい抱っこかおんぶです。

 

心配なのは夜の寝かしつけです。

しばらくは眠れない日が来るだろうと覚悟していました。

 

とりあえずいつもどおり、長女と3人で布団に入ります。

でも、次女に添い乳はありません。

ここで次女が暴れだします。

すごい大声で泣きました。

 

あらかじめ寝室に用意しておいた抱っこひもで、次女を抱っこします。

かなり暴れていますから、抱っこするのもひと苦労です。

身体を思いっきり反らせて泣きながら抵抗しています。

私はムリヤリ抱っこして、立ち上がって膝を使って縦揺れです。

しばらくすると、睡魔に負けて眠りにおちます。

でも、次女はここからが手ごわい。

 

抱っこからおろすとすぐに起きて泣くんですよね。

背中スイッチの感度が半端ないです。

親戚も、保育園の先生も、誰も成功しないくらいです。

私でもこの1年で、抱っこからおろしても泣かなかったのは2回か3回くらいです。

それを断乳直後にイキナリやろうとしても、なかなかうまくいきません。

 

布団におろして泣かれて、また抱っこしてゆらゆらして・・・を繰り返します。

何度めかでやっと布団で寝かせることに成功しました。

長女が、私が横で寝ていなくてもひとりで素直に寝てくれたのが大助かりでしたね。

 

寝かしつけに苦戦。卒乳を後悔

[ad#co-1]

 

断乳した理由のひとつに、夜中に何度も泣いて起こされるのでツラいというのがありました。

卒乳すれば朝まで寝るようになるって言いますよね。

長女の時はあまり覚えていないのですが、やはり卒乳(と言いつつ長女も断乳です)後は朝まで寝るようになったと思います。

 

でも、次女は夜中も起きました。

前までは添い乳すれば泣き止んで寝てくれたのですが、おっぱいはありません。

また抱っこひもを使い、立ち上がってゆらゆらをします。

寝たら布団におきます。

泣いたらやり直しですし、1時間くらいずっと抱っこしたままの時もありました。

 

断乳して何日かはその状態が続きました。

寝かしつけ方法も色々試してみたんですよ。

 

◆抱っこひもで縦揺れ

 立った状態でヒザを曲げ伸ばしして、縦に揺れます。

 これが一番寝やすいですが、疲れます。

 

◆抱っこひもで横揺れ

 立った状態でヒザは伸ばしたまま、左右に揺れます。

 これでも結構寝ます。

 縦揺れに疲れたら横揺れにして、横揺れでぐずり出したら縦揺れで眠らせて・・・の繰り返しです。

 

◆子守歌

 ちゃんとした子守歌を知らないので、眠れそうな歌を歌います。

 よく歌うのは

 『大きな古時計』『思い出のアルバム』『君をのせて』『となりのトトロ』『切手のないおくりもの』とかですかね。

 普通よりもずっとスローテンポで、だるそうに歌います。

 

◆トントン

 抱っこの揺れや子守歌に合わせてトントンします。

 長女は今でも時々「トントンして」と言ってくるので、トントンされると眠りやすいんでしょうね。

 

いくつかを組み合わせて寝かしつけます。

眠ったかなと思ったら、トントンと子守歌を続けたまま揺れるのをやめて、そっと布団においてみます。

ちょっと泣いても、トントンを続けるとそのまま寝てくれることもあります。

 

抱っこひもでおんぶだと私がラクなのでやってみましたが、おろす時に衝撃が強くなって起きてしまうんですよ。

おんぶからそっとおろすことができなかったので、おんぶはやめました。

 

あとは、泣き続けた時や夜中に起きた時は、お茶かお水を飲ませると落ち着くことも多かったですね。

授乳がなくなったのですから、それに代わる水分補給は必要ですよね。

 

そんなで対策を色々考えながら寝かしつけるのですが、なかなかうまくいきません。

1週間くらいは悪戦苦闘していました。

泣き叫んで全身で暴れて、寝ない時間が続くと、断乳したのを後悔したりもします。

おっぱいを飲ませれば静かになるし寝てくれるのに、、、と思いました。

授乳しちゃおうかなと心が傾くこともありました。

 

でも、ここまで頑張ったし、次女もおっぱいなしで頑張っているし、元に戻したくはありません。

痛い思いをしながらの授乳もツラいです。

すんなりと眠ってくれる日が来る、と信じて頑張ることにしました。

 

断乳が終わった、と思える日までもうすぐです。

自分の胸のケアと合わせて、次の記事で書きたいと思います。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください