ソウルに5回行っているますQの、ソウルあれこれ①

こんにちは、ますQです。

近いので気軽に行ける隣国、韓国。

行ったことがある人も多いでしょう。

何回も行く人も多いことでしょう。

私が行った、5回のソウル旅行での出来事あれこれを書きたいと思います。

最後に行ったのも5年くらい前のことなので、今とは違うのかもしれませんが。。。

 

有休いらずの週末ソウル

[ad#co-1]

 

私は5回のソウル旅行のうち、4回が1泊4日の週末ソウルでした。

金曜日の仕事後、22時~24時くらいに羽田を出て、月曜日の朝4時~5時くらいに羽田に着いて、そのまま仕事に行く。

そんなツアーです。

今考えると、若くなければできない旅程ですね。

今もあるのかな。

今行くなら、月曜日は有休とって休みますね。

この年になると旅行後に仕事なんでできません。

 

一度、男女4人で週末ツアーに参加した時、女子2人だけが何故かビジネスクラスだったことがありました。

短いフライトでしたが、広い席だとラクですね。

帰りも2人だけビジネスクラスでした。

 

ソウルと言えば、買い物

 

ソウルと言えば、買い物ですよね。

私が行ったのはだいぶ前なので、お店の紹介とかはできませんが。

行きは小さいバッグひとつなのに、帰りは大きなスーツケースになることもあります。

スーツケースも現地調達します。

 

韓国のりはお土産に喜ばれるのでいつも買います。

軽いけどかさばるので、大きなエコバッグとか持っていくといいですよ。

買い物は大半が服ですね。

南大門市場に、ジーパン屋さんが並んでいる通りがあるんですよ。

ジーパンに色んな刺繍とかラインストーンとかが入っていてオシャレで、つい買ってしまいました。

そこのジーパンが気に入って、次に行った時にも買おうと思ったら南大門市場内で迷ってたどり着けませんでした。

その次に行った時には、韓国のりを買ったお店の人に、「ジーパン屋さんに行きたい」と言って連れていってもらいました。

 

日本語ができる人がほとんどなので、話しているうちについ買ってしまう、ということもよくあります。

日本語で値段を聞いたり、値引き交渉できるのもいいですね。

カード払いだと無理だけど、現金なら値引きしてくれるというところも多いです。

 

ソウルと言えば、エステ

[ad#co-1]

 

汗蒸幕には毎回必ず行きます。

目についたところに行くので、お店が決まっているわけではないですが。

 

汗蒸幕は、ドーム型のサウナです。

とても暑いので、麻布をかぶって入ります。

ホントに暑いので長くはいられないのですが、何度か出たり入ったりしてあたたまります。

 

せっかく来たんだし、ということで至れり尽くせりのコースでやっちゃいますね。

サウナ、あかすり、マッサージ、パックにペディキュアなどがついています。

チマチョゴリを着て写真を撮れたりもします。

私が好きなのはよもぎ蒸しかな。

マントみたいなのを着て穴の空いたイスに座って、下に蒸したよもぎを置かれるんです。

すごい暑いんですが、身体の中から効いてくるカンジがします。

 

アカすりの時にキュウリパックしてくれるんですが、たまに「キュウリ平気?」と聞いてくれる人がいるので、その時は別の海藻パックとかに変えてもらいます。

エステの効果があるのかと言われるとよくわからないのですが、それでもソウルに行くと必ず行きます。

 

ソウルと言えば、食べ物

 

韓国料理は日本でも食べられますが、やはり現地で食べる方がおいしいですよね。

店員さんや他のお客さんの雰囲気もあります。

 

韓国のお店の特徴といえば、頼んだもの以外にもお通しのようなものがすごいたくさん出てくることと、店員さんがテーブルで作ってくれることでしょうか。(もちろんそうじゃないところもありますが)

初めて行った時に初めて入った小さなお店で、気難しいカンジのおじいさんが、テーブルの横ずっと立っていて、カタコトの日本語で話しながら作ってくれたのが印象に残っています。

 

ハングルのメニューしかないお店では、ガイドブックを見ながらどれがいいか探していると、店員さんが店のメニューを指差して

「ウチのメニューはこれだから、これを見て」(韓国語わかりませんが、たぶん合っています)と言うので、ハングルわかんないよ、と思いながら日本語で、

「この店で」と言って店の中を指差す

「一番」と言って人差し指を立てる

「おいしいのは何??」と言って親指を立てると、

「オッケー」と言って色々出してくれたりしました。

相手が韓国語でこちらが日本語でも、なんとなく通じてしまうカンジが韓国にはあります。

発音にあまり違和感を感じないのも、やはりお隣の国だからでしょうか。

 

韓国では何を食べてもおいしいと思います。

日本人の口に合うんですかね。

お店も、ガイドブックに載っている店でも、ふらりと入る小さな店でも、どこでもおいしいです。

5回行っていて色んなお店に入ったけど、「失敗したな」と思ったことがありません。

観光客がよく来るお店と、地元の人がよく来るお店で、特徴はわかれるような気もしますね。

どちらも楽しむのがいいかもしれません。

 

今回の記事はソウルの定番について書いてみました。

次回はソウルであった出来事を書きたいと思います。

 

[ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください