2回めの出産② タイミングいいのか悪いのか

こんにちは、ますQです。

前回に引き続き、次女の出産のお話です。

ダンナは仕事、父親は飲み会なのでお産は今日じゃない方がいいかなと思っていた日のことです。

今度こそ破水か?と思ったら陣痛開始

[ad#co-1]

4月28日

この日は雨が降っていたし、日課にしていたウォーキングもせずに家でのんびりしていました。

お昼前に義母から電話があって、「まだ生まれないですね~。ゴールデンウィークにはこちらに来ますか?」などと話しました。

 

13時過ぎ

生協の宅配から届いた牛乳3本を冷蔵庫に入れようと持ち上げた時・・。

パシャッと水が出る感覚がありました。

破水??

前回の破水騒ぎで実は尿漏れだった件があるので、ちょっと慎重です。

とりあえず様子を見ようと思いました。

でも、気づいたらお腹が痛い。

すぐに収まるけど、少し立つとまた痛くなる。

陣痛だ!

 

今日に来てしまったと思いました。

ゴールデンウィーク前に生まれてほしいと思いながら、人手がたりないから今日じゃない方がいいかなと思っていた今日です。

タイミングがいいのか悪いのか、わかりませんね。

 

そこから陣痛3回分、時計とにらめっこです。

陣痛の間隔が10分より短い・・・。

トイレに行くと、血が混じってピンク色になった水が少しずつ出ています。

きっと破水だ!

 

どうするのが良いか、考えました。

ダンナのお店はまだランチの営業時間だったので、まず実家に電話をしました。

「陣痛来たみたいなんだけど、飲み会行かずに長女を見てもらえる?」と聞きました。

ダンナが夜に予約が入っていて仕事しなければいけないと言うと、しょうがないという風でした。

 

13時40分ごろ

ダンナの店に電話をしました。

ランチ中だったのですが、話す時間はあるようでした。

「陣痛来たんだけど、長女のお迎えムリだよね?父親に頼んだ方がいいよね?」と言うと、

「ランチとディナーの間にお迎えに行って、長女を連れて夜仕事をする」と言いました。

「お父さん、飲み会楽しみにしてるんだから行ってもらいなよ」とのことです。

それで大丈夫なのか何度も確認しましたが、大丈夫とのこと。

 

父に、「ダンナが長女を連れて夜仕事するみたいだから大丈夫だって」と言ったら、

「おお、そうか」と言って飲み会に行けるのを喜んでいるようでした。

娘の心配はないのかよ。。。と思いましたが、父親はあてにしないことにしました。

 

保育園にも電話をしました。

「陣痛が来てこれから病院に行くので、今日のお迎えはパパになります」と言ったら、

「ママ、頑張ってね!」と応援されました

 

その後、家の中の整理をしました。

ダンナと長女はお店の営業後、夜中に帰ってくることになります。

陣痛が次第に強くなって、間隔が短くなってきているのを感じていましたが、やっておかなければならないこともあります。

まず、ダンナと長女がすぐに寝れるために布団をひいて。洗濯乾燥機が終わっていたので、洗濯物も畳みました。

前日に小児科でもらった長女のクスリもわかるようにテーブルに置きました。

普段は使ってない抱っこひもも、長女を仕事に連れていくなら必要かもと思い準備しておきました。

自分のことより、家のこと長女のことの方がずっと心配でした。

 

14時ごろ

産院に電話をしました。

「陣痛が10分間隔をきっているし、破水もしてるっぽいです」と。

「すぐに来てください」と言われました。

 

タクシー会社に電話すると、10分後と言われました。

タクシー待ちの間少し時間があったので、友達何人かに、「陣痛&破水で、これから病院に行ってきます!」とメールをしました。

前回に入院用の荷物を預かってもらっていたので、小さいカバンだけ持っていきました。

 

GBS陽性だったので、急いで点滴

[ad#co-1]

14時20分

産院に到着しました。

大学病院なので、タクシーを降りてから産科の病棟まで歩くんですよ。

辿り着く前に陣痛が来てしまって、何度が立ち止まりながらやっと着きました。

 

「どうですか?」と助産師さんに聞かれます。

「もう5分間隔くらいです」と答えました。

分娩室までまた歩かされました。

 

尿検査するためにトイレに行ったのですが。

破水かどうか確認するために家で何度かトイレに行ったので、尿が出ない・・・。

トイレにこもっていたら、「大丈夫ですか?」と心配されてしまいました。

尿が出ないと言ったら、では後にしてベッドに横になってくださいと言われました。

 

NSTの帯を巻かれて子宮口を確認すると、助産師さんは急いでPHSを取り出して電話をしていました。

「陣痛は4分間隔くらいですね。破水もしているみたいです」と言っていました。

まもなく、先生と他の助産師さんが部屋に入ってきました。

 

先生は内診をしてカルテを見て、「完全破水。GBS陽性だから点滴急いで!」と指示しました。

長女の時はGBS検査はなかった気がするのですが、妊娠後期の検査で私はGBS陽性でした。

後で調べて知ったのですが、母体に影響はないけど出産時に赤ちゃんに感染して発症すると危険なようですね。

感染しないように、点滴をするようです。

点滴開始から2時間後くらいが一番効果があるようですが、私の場合は既に破水していて分娩も近いため、点滴を急ぐ必要があったようです。

「点滴全開で入れてます!」と助産師さんが言っていました。

分娩室が少し暑かったので、点滴をしたら冷たくて気持ちよかったのを覚えています。

私は陣痛が来たときは深呼吸しながら、先生(前回は女医さんでしたが、今回は男の先生でした)が、

「大学時代にアルバイトをしていた喫茶店の店長に似ているな」と思って、勝手に親近感を持って安心していました(笑)。

 

出産後の話なのですが、結局赤ちゃんにGBSに感染しました。

出産2日後に小児科の先生に呼ばれて、赤ちゃんにGBSが感染したのでクスリを飲ませましょうと。

感染しても発症する確率は少ないですが、発症すると危険な状態になることもあるようです。

詳しい検査をして、問題があるようなら1週間くらい入院が伸びますと言われました。

話を聞いて急に怖くなりましたが、検査で問題なしでした。

妊娠後期の検査でGBS陽性と言われても、最初に破水して点滴が間に合わなくて感染してしまっても、

絶対に大丈夫とは言えませんが平気な場合も多いみたいなので、不安に思う必要はないのかなと感じました。

 

赤ちゃんとのご対面については、次の記事で書きたいと思います。。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください