小学校入学③ ランドセルの購入について

こんにちは、ますQです。

4月から小学生になり、学童で順調なスタートを切った長女。

でも、学校が始まると毎日「行きたくない」と泣いてばかり。

早く慣れることを願っています。

今回はそんな長女の、ランドセル購入についてを書きたいと思います。

 

年長になると、話題はランドセルのことばかり

[ad#co-1]

 

保育園最後の学年、年長に上がったばかりの頃から、ママ友との挨拶が「ランドセル決めた?」になりました。

4月5月はランドセルのことが話題の中心でしたね。

 

私はランドセルについても全然知りません。

「天使のはね」のCMの歌を知っているくらいです。

あと、ニトリに行くと何故かランドセルを売っているのも知っています。

 

私はランドセルに何のこだわりもありません。

入学に間に合えば、どんなものでも構いません。

何なら、安物を買って「4年生くらいで買い替えてもいいんじゃない」くらいな考えで、そんなに重要なことだとは思っていませんでした。

 

でも、保育園のママ達から

「ウチはもう申し込んだよ」

「◯◯カバンはもう売り切れだって」

「●●の展示会があるって」

と色々は情報が入ります。

早めに決めた方がいいのかな、という気になります。

 

工房系?って言うのかな、「〇〇カバン」のランドセルという存在は、ママ友との会話で初めて知りました。

専門のカバン屋さんで、ランドセルもオーダーして作ってもらうようなカンジですかね。

私はこだわりがないので調べたりしてないんですが、

上の子がいる家庭が多く工房系を選んでいたような気がします。

2人目だと割引があるところもあるみたいで、売り切れになる前に早めに注文していたようですね。

 

私が子どもの頃と違って、今はランドセルの種類が豊富ですね。

そんなに選択肢があると困るから、みんな同じ「赤」の一択でも構わないんですけどね。

いつからこんなにランドセルの種類が増えたんでしょう。

 

私は長女が自分で決めたものにしようと思っていました。

子どもにとって、小学校の6年間ってとても長いです。

1年生に似合うモノと、6年生に似合うモノはかなり違います。

好みだってコロコロ変わることでしょう。

それなら初めに、「ランドセルは6年間使うものだよ」と教えておいて、自分で選ばせた方が本人も納得すると思います。

後から、「この色にしなければ良かった」と思っても、自分で決めたことなら仕方ないと思えるでしょう。

 

長女の希望の変化

 

ピンクか紫

最初の希望は「ピンクか紫」でした。

長女の好きな色です。

デパートでランドセルが並んでいるところを見ても、ピンクや紫のものを手に取ったり背負ってみたりしています。

 

「ランドセル何色がいい?」と聞いた時にこうなることは予想していました。

自分の好きな色を選ぶのは当然ですよね。

やっぱりそうだよね、と思いました。

 

どちらも、薄い色合いのパステルカラーです。

薄い色のランドセルはどうなんだろう、と思いつつも、

長女の希望がブレずにピンクか紫を選ぶなら、それでいいかなと思っていました。

 

キャメル

ある時急に、「ランドセルはキャメルにする!」と言い出しました。

キャメルなんて色を長女の口から聞いたのは初めてだったので、そんな色知ってるのか疑問でしたが。

どうやら、仲の良い友達が「赤かキャメル」と言っているのに影響されたようです。

赤は長女の選択肢にはないようで、一度も赤とは言いませんでした。

 

「ピンクや水色だと汚れやすいし、薄い色は大きくなったら飽きる」と生意気な口調で言いました。

キャメル予定の友達のママに言ったら、「私がウチの子に言ってるののそのままだー」と言っていました(笑)

そのママは薄い色にはしてほしくないようでしたね。

 

長女は「ランドセルが薄い色だと、知らない人に連れて行かれる」とも言い出しました。

ドコからそんな情報が、といったところです。

件のママ友も、「さすがにそこまでは言わないよー」と言っていました。

 

キャメルがいいと言うので、ランドセル売り場に見に行きました。

すると、イメージと違ったのか、その後はキャメルとは言わなくなりました。

長女はキャメルってどんな色だと想像していたんだろうと不思議でした。

 

チョコレート色

キャメルが期待はずれだった長女は、次はチョコレート色と言うようになりました。

チョコレート色はイメージがつきやすいけれど、そんな言葉も初めて言ったので、誰か友達の影響かなと思います。

子ども達同士の会話でも、ランドセルについては話題になるようですね。

 

だいぶダークな色になったなと思ったのですが、

フチはピンクで、キラキラ飾りがあるのがいいらしいです。

 

展示会に行ってみた

[ad#co-1]

 

ママ友から、6月末に「フィットちゃんの展示会が三鷹であるよ」と教えてもらいました。

ランドセルの展示会なんてあるんだーと、そんなことも知らなかったし調べもしなかったですね。

工房系の展示会も予定があったけど、早くに売り切れになって中止になったという情報もありました。

そう聞くと、早めに決めた方が良いような気になります。

 

展示会を調べてみると、予約ができたので予約をしました。

予約しなくても入れるし、時間帯によってはガラガラだったりもしたので、予約しなくても平気なようでした。

 

私達が展示会に行った時は賑わっていて、多くの親子が見ていました。

デパートの売り場よりも、展示会の方が自由度が高い気がしますね。

何度でも背負えるし、他の子もいっぱいいるし、気兼ねなく試せるカンジです。

 

この頃は長女の中ではもう、「チョコレート色でフチがピンク」で希望が固まっていたようで、

希望に合うものをいくつか背負っていました。

展示会で会った男の子が、「もう決めて買った」とその場で申し込んでいたので、長女も買いたい!と言いました。

 

今まで希望がコロコロ変わったのでもう少し様子を見たかったのと、

ネットで買っても値段が変わらないらしいので、展示会では買いませんでした。

ランドセルはダンナのお母さんが買ってくれると言っていたので、「ばあばに聞いてからにしよう」と長女をなだめました。

パンフレットだけをもらって帰りました。

 

ネットで購入、思ったよりも早く届く

 

実際にネットで買った時期は7月の終わりくらいだったかと思います。

ダンナがお母さんからランドセル用にとお祝いのお金をもらったのもあって、

「そろそろ買わなきゃ間に合わないんじゃない?」と言い出しました。

 

展示会に行った後も何度か長女に聞いてみても、希望は変わらないようなので、

買ってもいいかなと思いました。

で、ネットで買いました。

 

ランドセルが届いたのは、9月の終わりでした。

ダンナから、「ランドセルもう届くんだけど」と言われた時は

「まだいらねーよ!」と思いましたね。

こんなに早く届いても仕方がないです。

3月くらいに届けば充分なのに、と思いました。

まぁ肩ベルトとかの調節が早めにできたのはよかったですかね。

 

届いたからには、長女は大喜びです。

開けたり閉めたり、中に本を詰めて背負ってみたり。

とても嬉しそうでした。

 

長女にだけランドセルが届いて、次女は自分も欲しがりました。

2歳の次女がランドセルを背負うと、ホントにランドセルしか見えなくなってかわいいんですよ。

本をいっぱい詰めた時は後ろにひっくり返っていました。

長女はそんな次女のために、段ボールでランドセルを作ってあげていました。

すぐにボロボロになったので短い間でしたが、次女は嬉しそうに背負っていました。

 

全然知らなかった特典として、筆箱がついていましたね。

シンプルな赤の筆箱で、学校で使うのにピッタリです。

買わなくて済んでラッキーでした。

 

ランドセルは入学式まで、クローゼットの中です。

出したままにして、入学前に汚れたらイヤですからね。

結構大きいし、場所を取りましたねー。

すぐ売り切れる工房系や、オーダーメイドのランドセルは早めがいいのでしょうが、

フィットちゃんのようなランドセルなら、ギリギリに買っても全然問題ない気がします。

 

入学してみて

ランドセルを実際に背負って外に出るのは4月の入学式です。

衣装は卒園式と同じだけど、ランドセルがなるかないかで印象が変わりますね。

小学生!という実感がわきます。

 

新1年生を見ると、真新しいピカピカのランドセルがいっぱい。

とてもカラフルです。

色んな色があって、特にどの色が多いとも思いませんでした。

長女も半年以上前に決めた自分のランドセルをとても気に入っているようです。

 

でも、1年生はランドセルカバーが配られます。

みんな同じ、黄色のカバーです。

入学式の翌日からつけることになります。

長女は、「カバーつけないでこのまま行く!」と言いました。

その気持ちもわかります。

せっかくお気に入りのランドセルなのに、全然色の違うカバーつけるのはイヤですよね。

 

私はカバーのつけ方がわからなくて、ランドセルの中に入れて登校させました。

帰宅すると、カバーがつけられていました。

長女に聞くと、「先生がつけてくれた」と言っていました。

先生につけられたし、みんなカバーをしているので、

それ以降は特にカバーを嫌がりませんでしたが、

「早く2年生になりたい」と言っていました(笑)

 

三鷹市の小学生は基本的に6年生までランドセルで通うようです。

ランドセルへの思いがこれからどう変わるかはわかりませんが、

自分で選んだお気に入りのランドセルだから、卒業まで使ってほしいと思います。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください