長女オモシロ語録② 生意気な発言

こんにちは、ますQです。

現在4才6か月の長女ですが、話し方は日に日に生意気になっていきます。

このくらいの女の子はみんなそんなものですかね。

前回は長女のカワイイ言葉や発言について書きましたが、今回はちょっとビックリしたりイラっとした発言を集めてみました。

3歳になってから、4歳になる前くらいの発言が多いですかね。

ビックリ発言

[ad#co-1]

 

「あかちゃんの名前は、アヤタくん!」

次女の妊娠中のことです。急に言い出しました。

その後、女の子であることが判明し、採用にはなりませんでした。

 

◆「〇〇(長女)が〇〇(長女)になる前、おさかなだったの。

 ママのおなかの中にお水があったから、おさかなになって泳いでたの」

次女の妊娠中、お風呂に入っている時に思い出したのか、急に言い出しました。

最初は「前世の話でもし始めたのか!?」とビックリしましたが、お腹の中にいた時のことだったのです。

前から「お腹の中はあったかかった」とか「気持ちよかった」とか言ってはいたのですが、羊水のことは話したこはありませんでした

胎内記憶って本当にあるんだなぁ。覚えているんだなぁと感動しました。

4歳になるころには、すっかり胎内の記憶はなくなってしまったようです。

 

◆「キリンとオジサンの夢を見た。キリンはいいけど、オジサンが出てくるのがイヤだった」

どんなオジサンが出てきたのか。思わず笑ってしまいました。

夢の話はよくしてくれますが、本当に見た夢を覚えているのかは謎です。

 

◆「冬はおひさまが短い時間しかいられないから、寒いんでしょ?」

「よく知ってるね~誰に聞いたの?」と言ったら、「自分でそう思ったの!」と言われました。

「冬はすぐに暗くなる」ということと、「冬は寒い」ということを関連付けて自分で考えたことにビックリです。

さらに、この話を保育園の先生にしたら、「長女ちゃんサイエンスですね!」と言われて、その発言にもビックリしました(笑)

 

でも、今までで一番ビックリした発言はこれです。

◆「〇〇(長女)がかわいくないと、パパとママが喜ばないでしょ!」

3歳になってすぐの言葉です。

ダンナが長女と遊んでいて、親バカなダンナが「なんでそんなにかわいいの?」と聞いた時の返事でした。

私も近くで聞いていたんですが、すごい発言が出たものだとビックリしました。

 

 

イラっとくる生意気な発言

[ad#co-1]

 

4歳を過ぎたくらいから、生意気でイラっとくる発言が増えました。

以下、会話形式で書きます。

 

◆長女「『でれんと』って知ってる?」

 ママ「知らない」

 長女「どういうイミだと思う?」

 ママ「わからない」

 長女「ママが思うことでいいから、言ってごらん」

 ママ「わからないよ」

 長女「思うことでいいって言ってるでしょ!」

適当な言葉を自分で発してから、その言葉の意味を考えずにママに考えてもらおうとしています。

会話の始まりが意味不明な言葉なのに上から口調で言われるので、かなりイラっとします。

何か答えるまでしつこく続きます。

 

◆ママがくしゃみをしました。

 長女「ママのくしゃみでスリッパの音がきこえなくなったでしょ!」

 ママ「くしゃみしただけでしょ」

 長女「今はその話をしてるんじゃないの」

 ママ「くしゃみしちゃいけないの?」

 長女「その前に、『ごめん』って言わなきゃでしょ!」

くしゃみしただけでイキナリ怒り出し、しかも謝らせようとしてきます。

結局、私が謝ることになりました。

スリッパの音って何だったんだろう。

 

◆寝る時です。

 長女「こわい夢みた」(半泣き)

 ママ「ママがいるから大丈夫だよ」

 長女「こわい~」

 ママ「どんな夢だったの?」

 長女「ママは『だいじょうぶ』って言ってくれればそれでいいの!」

怖い夢を見たと言うから、夢の内容から不安を消してあげようとしたら言われました。

結構長い期間、「こわい夢見た」発言は続きました。

「大丈夫だよ」と言っていればいいのでラクなんですが、何度も言われ続けるとイライラします。

 

◆長女「〇〇と△△、どっちがいいと思う?」

 オモチャとか、本当にどっちでもいいような2つのモノについて、聞いてきます。

 ママ「どっちでもいいよ」

 長女「どっちがいいか決めて!!」

 ママ「じゃぁ〇〇」

 長女「え~あたしは△△がいいと思う~」

 ママ「初めからそう思うなら聞かないで!」

 長女「そんなに怒らなくてもいいじゃん!」

どうでもいいことについて、ママの意見を聞くけど参考にしない、というのも多いです。

じゃぁ聞かなきゃいいじゃんって思うんですけどね。

答えないといつまでも続きます。

 

 

他にも日々イライラしてしまう会話はあるのですが、だいたい似たようなものが多いですね。

考えていないのに発言してママの意見を求めてくるのよくあります。

ちゃんと答えても否定されるし、適当に流すと怒り出すし、答えないでいると何度でも聞いてくる。

こちらが忙しい時などはつい怒ってしまいます。

 

長女との会話でイライラしない方法。

それは、「ブログのネタになった」と記録しておくことかもしれません(笑)。

文章にしてみると客観的に見れて、怒るほどのものじゃないなとわかります。

実際、誰かと長女が話している時はどんなに生意気でもイライラしないんですよね。

自分と1対1で話している時にイライラします。

私が精神的に未熟なのかもしれませんね。

 

今後、大きくなるにつれてまた別の種類のオモシロ発言が出てくることと思います。

そして、まだしゃべれない次女からもどんな言葉が出てくるか、楽しみです。

なるべく記録して、また記事にできたらいいなと思っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 [ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください