ニュージーランドでレンタカー③ ガラスにヒビが!

こんにちは、ますQです。

ニュージーランドでレンタカーを借りた時のトラブル、3つめです。

2つめの車上荒らしという犯罪よりは大したことがない気もしますが、自分的にはかなりハラハラした件です。

 

フロントガラスにヒビ!

[ad#co-1]

前の記事にも書きましたが、ニュージーランドの郊外の道は片側1車線の対面なことが多いです。

で、街中以外は制限時速100キロ。

ってことは、対向車とすれ違う時にお互い100キロ出していたら、200キロの差ですれ違うんですよね。

これ、かなり怖いです。

 

ニュージーランドを南島のクライストチャーチから北島のオークランドまで車で回りましたが、

8月の真冬の時期だからか観光客も少なかったし、車の量も少なかったですね。

見渡す限り車は自分たちの1台しかないことの方が普通だったり。

運転好きにはかなり快適なドライブでした。

 

宿で出会うバックパッカー達に、車のスピード違反で捕まって罰金取られたとか話は聞いていました。

貧乏旅行なのに罰金取られるのはかなり痛いです。

まだ続くこれからの旅行の予算が減ってしまう。

なので制限速度も交通ルールもしっかり守って、安全運転を心がけましたよ。

(威張っていうことではないですね。当たり前のことですね)

 

ドコの街から街への道かは忘れてしまったのですが。

やはり通行量が少ない道で、私たちは快適にドライブをしていました。

で、前からトラックが1台。

車が少ないとはいえ対向車がいることも珍しくないので、特に気にせずにすれ違ったのですが・・・。

パリッと音がしました。

見ると、フロントガラスに傷が入ってる??

 

さっきすれ違ったトラックが、石をはじいたのでしょう。

なんというタイミング。。。

フロントガラスのほぼ中央。ど真ん中よりは少し上かな。

運転席や助手席に座って前を見れば、間違いなく視界に入る位置です。

直径1センチ弱くらいの丸い傷と、周囲に軽くヒビ。

割れてはいませんが、車内から触ってみても、窪んでいるのがわかります。

乗れば確実に気が付く傷です。

 

一瞬の出来事だったのに、こんなにしっかりとした傷がつくなんて!

制限速度を守って、何も悪くない運転をしていただけなのに!

またもや友達と2人でパニックです。

 

車はハーツだったかな?大手のレンタカー会社で借りていました。

任意保険も全部入っているはずです。

でも、保証の詳しい内容までは把握していません。

 

フロントガラスは保証の対象外って誰かが言ってた気がすると友達が言い出して。

それならかなりのお金がかかるんじゃないかという話になりました。

2人とも車のことは詳しくないので、不安でいっぱいになります。

 

でも、ついてしまった傷は直せません。

車が壊れたわけじゃないし、必ず視界に入るので気にはなるけど、運転できます。

仕方がないので、そのまま旅行を続けました。

 

返却の際に絞り出した考え

[ad#co-1]

レンタカーは乗り捨てで、返却はオークランドでした。

ここはかなりの都会です。

それまでは街と言っても、信号がないとか、あっても数えるくらいしかないような田舎町でした。

街中でもナビがなくてもガイドブックだけで目的地に着けるような。

そんな田舎の街並みに慣れていたので、オークランドに入ったとたんにとても戸惑いました。

 

車が多い、人も多い、信号ばかり。

道路が高架になってたりもする。。。

日本からすぐにオークランドに来ればそんな風に思うこともないのでしょうが、オークランドの第一印象は

「すごく都会」でした。

ここでは車は必要ないので、到着したこの日に返却する予定でした。

 

迷いながらオークランドの街を車でウロウロしていて、気づいたことがありました。

天気がころころ変わる。

さっき晴れていたのが、パラパラと雨が降り出す。

でも青空も見えていたりして、すぐに雨がやんで晴れる。

で、言い出したのは私だったか友達だったか。

この雨を利用しようと。

 

フロントガラスの傷は普通にしていたらかなりはっきりと目立ちます。

でも、雨に濡れてしまえば・・・というわけです。

ダメでもともとなので、やってみる価値はあるでしょう。

 

レンタカー屋の近くまで行って、車を止めて車内で待機します。

そうすると、なかなか雨が降ってくれない・・・。

待っている間はすごく長く感じましたね。

 

しばらくして、やっと雨が降りました。

すぐにやんだので、ほんの通り雨でした。

それがいい具合にフロントガラスにしずくをつけて、傷を目立たなくしている!

予想以上の出来かもしれない。

 

私はそのままワイパーもかけず、レンタカー屋さんに入りました。

レンタカー屋さんの女性が、借りた時の書類と車を確認しています。

もう2人でドキドキですよ。

 

女性が、フロントガラスの傷に気が付いて指で触りました。

私たちは何を言われるか、身構えましたが・・・。

女性は「OK」と言って私たちの方を向きました。

私たちはあいさつもそこそこに、逃げるようにレンタカー屋さんを後にしました。

 

女性がフロントガラスの傷に気づいたのでしょうが、特に何も言いませんでした。

たぶん、フルカバーの保険に入っていて問題なかったのでしょう。

雨を待っていた私たちの小細工はムダでしかなかったということですね(笑)。

 

でも、海外でのレンタカーのトラブルはよくあるようです。

法外な金額を請求されたとか。

レンタカーを借りる時に私のクレジットカードを出しているので、帰国後数か月は注意してカード明細を見ていましたが、通常のレンタカー代以外は引かれていませんでした。

 

海外で運転をする場合、安全運転を心がけていても思わぬ出来事がありますね。

何かあった時のために、大手のレンタカー会社で借りてフルカバーの保険に入っていることが大事だと痛感しました。

今後、海外で運転する機会があるかはわかりませんが、安全運転とフルカバーの保険は忘れないようにしたいと思います。

 

ニュージーランドでレンタカーを借りた際のトラブルについての記事はこれで終わりです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください