2週間以上かかった慣らし保育③

こんにちは、ますQです。

保育園の0歳児クラスに入園した次女の慣らし保育について、3つめの記事です。

入園前に「慣らし保育は1週間ほどを予定してください」と言われていたのが・・・。

1週間たっても午前中のお迎えで。

2週間終わったところでやっと15時のお迎えになりました。

いつ、16時までの通常保育になるのか、疑問に思いながら3週めに入りました。

 

3週めでやっと16時お迎えに

[ad#co-1]

 

◆4月17日

週末は海洋散骨のためにちょっと遠出したりして、疲れが出てしまうかなと思ったのですが、何事もなく朝は預けられました。

次女は朝に預ける時に泣くことが少なかったので、その点はラクでしたね。

朝にいっぱい泣かれると、預けるこちらも罪悪感があります。

まだしゃべれない0歳児というのも幸いしたでしょうか。

「ママ~!」と叫ばれることもありません。

2歳、3歳で転園してきた子が、毎朝「前の保育園がいい~」と泣いているのを見かけます。

かわいそうだし、親としても切ないですね。

 

次女はすっかり慣れて、抱っこひもからおろすと、自分からお気に入りの男の先生の方にハイハイで向かっていきます。

ママの方を見向きもしないのもちょっと寂しいです(笑)。

先生に抱っこされて、ゴキゲンでバイバイをします。

 

こんな様子なら夕方まで見てくれても問題ないんじゃないかと思うのですが、この日のお迎えは15時。

先週の金曜日と同じお迎え時間です。

 

15時にお迎えに行くと、ゴキゲンで遊んでいました。

ママの姿を見つけると、泣きながら懸命に近寄ってきます。

その姿がかわいくて、一生懸命にハイハイで向かってきてくれるのがとても嬉しいです。

保育園に慣れてきても、やっぱりママがいいんですね。

 

◆4月18日

この日は保護者会です。

保護者会は9時15分から11時15分。

保護者会の前に預けて、終わったら一緒に帰ります。

子どもは昼食を食べて終わりですね。

 

保護者会では、担任と保護者がそれぞれ自己紹介をしました。

第1子だという人が少なく、ほとんどが2人め3人めでしたね。

上の子の半数が同じ保育園で、残りの半数が別の保育園に通っていことに驚きました。

この園はだいたい、兄弟で同じ園に通えると思っていたので、ウチは恵まれているんだなぁと思いましたね。

 

先生たちからは0歳児の生活の様子や食事のさせ方等について説明を聞いたりしました。

慣らし保育についても説明がありました。

「子どものために、とてもゆっくりと慣らしを勧めさせていただきました。

ママ達には『いつお昼寝に進むんだろう』とか不安にさせてしまいましたが、ご協力いただいたおかげでスムーズに慣れることができました」と言われました。

 

慣らし保育の進みが遅いと不満に思ったりしましたが、「子どものため」と言われると確かにその通りだし、何も言えないですね。

自分の子だけでなく、他の子も同じようなペースだったこともあり、仕方なかったのかなと思います。。。

 

◆4月19日

やっと、16時のお迎えになりました!!

本当にやっとです。

 

昼食もおやつもしっかりと食べます。

お昼寝は相変わらず置くとすぐに起きてしまうので、先生たちの手を焼いていようですが。

抱っこで寝る時とコットでも寝られる時と半々くらいのようです。

 

お迎えまで、特に問題なく過ごしています。

他の子を見ても、泣き声ばかり聞こえるということはなく、順調のようです。

 

その後、仕事復帰までは16時お迎えになります。

一度だけ、「昼寝後に目やにがひどいので耳鼻科か眼科に行ってください」と呼び出しが来た以外は、お迎え時間が早まることもなく過ごしています。

お気に入りの男の先生以外の先生にも少し慣れてきて、保育園自体が安心して過ごせる場所になったいるのを感じます。

もう少し早くに、お迎え時間を延ばしても平気だったんじゃないかなとは思ってしまいますが、過ぎてしまったので言っても仕方ないですね。

仕事復帰後は18時過ぎのお迎えになるので、長い保育時間にも慣れてほしいと思います。

 

やりたいことができなかった4月

[ad#co-1]

 

慣らし保育に時間がかかったせいだと思うのですが、4月はあっという間に終わってしまいました。

次女の入園前は、「入園してから仕事復帰までの1か月を有効に使おう!!」と楽しみにしていたのに、

何もできないまま終わってしまったというのが感想です。

とても残念です。

 

慣らし保育が進まないことへの一番の不満は、「自分の時間が持てなかった」ことですね。

でも、まだ育休中なので贅沢な希望だという自覚もあるので、大声で文句を言うわけにもいきません。

勝手に、4月中の自分の生活について期待していたこちらがいけないんですよね。

長女の慣らし保育中は1歳児だったこともあってか、かなり色々楽しんだ気がするので、今回も期待していました。

 

でも、長女だけが保育園に行って、次女と一緒に過ごしていた今までの生活よりも自分の時間がなくなったような感覚でした。

朝預ける時と、次女をお迎えに行く時と、長女をお迎えに行く時と、1日3回保育園に行かなければいけないんです。

ウチは自転車ですぐのキョリだけど、ベビーカーでそれなりの距離を歩いてくるママは大変そうでした。

「お迎えが午後になったら一緒にランチしよう」と言っていたママ友達も順に仕事復帰してしまったので実現せず。

色々やろうとしていたことも中途半端になってしまいました。

 

0歳児を預ける時は慣らし保育が進みずらいこと、思っているよりも自分の時間が取れないことは教訓になりました。

私は次女が最後の子どもと決めていますが、同じような状況の人には伝えようと思います。

 

次女が保育園に慣れて成長していく喜ばしいことなハズの慣らし保育ですが、なんだか自分の愚痴ばかりになってしまいました。

新しい生活を始めた次女に倣って、私も仕事復帰後の生活を整えていこうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください