マタニティーマークの必要性と、現在の電車内の状況を考える

こんにちは、ますQです。

今回は、妊婦がつける『マタニティーマーク』についてです。

これについてはいろんな意見があるようですね。

私の個人的な意見と、2回の妊娠で感じたことを書きたいと思います。

 

マタニティーマークはつけるべき

[ad#co-1]

マタニティーマークをつけたことで嫌がらせをされたり、心無いことを言われたりする人もいるみたいですね。

また、「妊婦様」をいう言葉ができたように、「優先されて当然」と思っているように見えるのがイヤでつけない人もいるようです。

なんだか悲しいですね。

 

不妊の方や流産経験者だと、マタニティーマークを見るのがツラいという人もいるようです。

そのような人がいることも心に留めた上で、マタニティーマークをつける必要があるのかもしれません。

無事に妊娠して、マタニティーマークが必要だなと思える日が来ることを願います。

 

私は、マタニティーマークはつけるべきという考えです。

職場への妊娠時報告も、妊娠判明時の超初期でした人間ですので、当然かもしれません。

別に妊娠していることを誇示するわけでも威張るわけでもないですが、何かあった時に妊婦だとわかってもらうのは必要だと思います。

私は健診時以外は母子手帳を持ち歩いてなかったので、妊娠を証明するものはありませんでした。

マタニティーマークがなければ、お腹の大きくなる前はわかりませんよね。

 

でも、初期のつわりで具合が悪い時、駅のホームで座り込んで動けなくなってしまっても

マタニティーマークがついていれば、「ああ妊婦さんなんだな。病気ではないんだな」とわかってもらえます。

もし倒れてしまった場合も、妊婦だとわかったうえでの対処をしてもらえるでしょう。

何かあった時、「妊婦です」と自分で言えない状況になってしまったら困ります。

電車での優先を主張するものではなく、もっと広い意味で利用されるものだと思っています。

 

電車内でのマタニティーマークの使い方

とは言え、一番効力を発揮するのは電車内でしょうね。

妊娠初期のつわりがひどくて座りたいときはモチロン、立っているのがツラくない時でも電車が急停車したりして転倒したら大変です。

妊婦は初期とか後期とかにかかわらず、座れるなら座った方がいいと思います。

 

「ゆずれ」って言っているようでつけられないという人もいますが。

「今座っているけど、必要な人がいたらゆずってもいい」という考えの人は多いと思いますよ。

お年寄りや体の不自由な人のために席をゆずる心のある人ですね。

 

妊娠初期でお腹も大きくなければ、見た目にはわかりません。

不安定な時期に、自分で示さなきゃわかってもらえないのです。

「マタニティーマークをつけていればゆずるけど、妊婦かどうかわからないからゆずれない」という人はいると思います。

そういう人はマタニティーマークをつけてほしいと思っているはずです。

妊娠してないのにゆったりとした服を着ているだけで席をゆずられたという友達もいましたからね。

 

私は目立つようにはつけませんでした。

座っている人の目の前にマタニティーマークがあるような主張したつけ方はしない。

座っている人だって、見えないところでけがをしていたり、徹夜で仕事して本当に疲れている状態かもしれませんからね。

座っている理由がある人に、「ゆずれ」と言わんばかりにマタニティーマークを見せつけるのは反感持たれて当然です。

「気にしてくれる人だけ気付く」くらいの位置につけるのが良いと思います。

 

それと、座席に座っている時はマタニティーマークが見えるようにしていました。

「立っているのがツラいし怖いので座っています」という意思表示です。

同じ妊婦さんが前に立った場合でも、マタニティーマークをつけれいれば分かり合えますよね。

 

電車内で実際にあったこと

[ad#co-1]

私は出勤に東西線を利用しています。

乗客はほぼビジネスマン(男性も女性も)です。

スーツ率がかなり高いです。

たまに違う路線に乗ると、学生や遊びに行く人などが多くて「カラフルで華やかだな」と感じます。

 

私の乗車する三鷹は始発駅です。

朝のラッシュ時でも、何本か待っていれば必ず座れます。

その代わり、椅子取りゲームのように座席の奪い合いが激しい時もあります。

妊婦にはちょっと辛いんですよね。

 

長女のつわりは貧血のようにフラフラするものだったので、座るために立って並んでいるのがツラい・・・。

電車が来て座った時にはぐったりしていました。

電車を降りてからも歩けなかったこともあります。

 

始発駅で、待てば必ず座れるので、満席の時に立っていたらマタニティーマークをつけていても老人でも席をゆずってもらえないことが多いです。

みんな座りたくて対策しているんですからね。座りたきゃ並べよ、ということです。

なので同じ条件で待つ必要があります。

 

優先席は埋まるのが他よりは遅いので何度か利用したのですが。

途中駅で杖をついた老人が乗ってきても、みんな知らんぷりでしたね。

私は妊婦でしたが、その老人を立たせたまま自分が座っているのが落ち着かなかったのでゆずってしまいました。

 

偏見かもしれませんが、通勤中のビジネスマン(とくに40代くらいの男性)はゆずってくれる確率が低い気がします。

特に優先席に平然と座っている人はその傾向が強い気がします。

日々のお仕事が大変で疲れているのかもしれませんけど、妊婦さんが周りにいなかったりで、ツラいんだということに思いつかないのかもしれませんね。

仕事帰りの電車では何度かゆずられたことがありましたが、女性か若い男性が多かったですね。

ギャルっぽい若い女性が席を立ってくれると、予想外で嬉しかったりします。

 

モチロンゆずられる側は感謝の気持ちを忘れないことが大切ですね。

以前に、座席の一番端に座っていて本を読んでいて、近くの人の音楽の音漏れが気になって顔を上げた時に、

向かい側のドアにマタニティーマークをつけた女性が立っているのを見ました。

その女性は座席の前に立っていたわけでもないので、積極的にゆずってほしいと思っていたわけではないでしょうし、周りの誰も気づかないようでした。

私はその時は妊婦ではなかったので、席を立って、「気づくのが遅くなってスミマセン。座ってください」と言いに行きました。

で、その女性が立っていた場所に私が立っていたのですが、女性の降りる駅の方が先のようでした。

その女性はカバンで席を確保して私の方に来て、「降りますので座ってください。本当にありがとうございました」と言って降りていきました。

キチンとお礼の言葉を言うことで、ゆずった側もとても気持ちが良くなりました。

 

妊婦さんだけでなく、座席を必要としている人のために席を立つことが当然になってほしいですね。

どちらも気持ちがよく利用できる車内になることを祈ります。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください