上の子へのイライラ対処法

こんにちは、ますQです。

以前に、上の子にどうしてもイライラしてしまうという記事を書きましたが、その続編です。

ますQなりにどのように対処しているのか、書きたいと思います。

 

イライラはなかなか治らない

[ad#co-1]

4歳2か月の長女は、言葉が早くておしゃべりが上手です。

なので口喧嘩をすると、結構言い返してきます。

途中で意味がわからなくなることも多いですが、それでもあきらめずに言い返してきます。

 

例えば、ガチャガチャやりたいと言ったのをやらせなかった時。

「これやりたかったの~!」

「ダメって言われるともっとやりたくなっちゃうの!」

「やっていいって言ったでしょ!」 ※言ってません

「ママが悪いんでしょ~!」

と最後は泣きわめいて聞き取れなくなりますが、それでも泣きながらしゃべってます。

 

例えば、公園に行きたいという希望を、次女に授乳しなければいけないから待ってと言って却下した時。

「そんなこと言うと、これからママのこと『オマエ』って言うよ」

「いうこと聞いてくれたらグミあげるよ」 ※グミは本物ではなくておままごとです。

「ママだってやりたいことダメって言われたらイヤでしょ?」

「やられてイヤなことは人にやっちゃいけないんだよ」

と、小さい子に言い聞かすような口調で言ったりします。

 

なんか、自分が長女に怒る時の口調に似ていて、言い返されるとムッとくるんですよね。

怒ってるとわからせるために言った言葉がそのまま自分に返ってくると、イライラします。

口喧嘩で負けることはないんですが、途中から論理を吹っ飛ばされるので効き目がありません。

何度言ったらわかるの!と怒りがこみ上げてきます。

 

で、どうしようもなくイラつくと、長女を置いて別の部屋に移動してクールダウンします。

長女に怒っているのか、自分に怒っているのかわからなくなってさらにイライラしたり。

 

その間長女は、「ママおこらないで~」と泣き出すこともあれば、ケロッとして普通に話しかけてくることもあります。

泣かれると、怒っているのになだめなければならずにイライラします。

普通に戻られると、今までの怒りをぶつけるところがなくなってイライラします。

また今日も怒ってしまった・・・。と後悔です。

イライラは時間が経てばおさまるんですけどね。

 

イライラしないで怒らないで過ごせる日もありますよ。

でもそうすると次に怒ってしまった時に、昨日はできたのに、、、とまた反省です。

同じことをしても怒られたり怒られなかったりするのって、教育には良くないですよね。

悪いことをして怒られるのは当然だとしても、ママの機嫌で怒られたり怒られなかったりするのは良くありません。

 

人間だもの。イライラしてもしょうがない

[ad#co-1]

長女は泣くと必ず、「ママがいい~」と言います。

転んだりして泣いた時も、怒られて泣く時でも「ママがいい~」と言います。

2歳くらいからずっとです。

保育園のお友達も泣くと「ママがいい」と言う子が多いみたいなので、子どもは大抵そうなんですかね。

 

で、怒られて「ママがいい~」と泣かれるのがすごくイヤでした。

またか、とうんざりします。

ママがいいなら言うことを聞いてくれよ、と思います。

 

でも、ある時(泣いていない時です)ふと思って聞いてみました。

「いつもいつもママに怒られてるのに、それでもママがいいの?」と。

長女は言いました。

「どうしても、どうしてもママがいいの」

即答です。なんの迷いもありません。

「怒ってばかりでもママが大好き」

 

そっか。

そうなんだよね。

私も言いました。

「ママも、言うこと聞かなかったり泣いたりするけど、〇〇(長女)が好きだよ」

そういうことだよね。

 

口喧嘩したり怒ったりイライラしたりするのも、ある意味相手を対等だとちゃんと認めているからです。

自分の子どもでも、違う人間です。

思い通りに行かなくてぶつかることもある。

お互いにイライラすることだってある。

 

怒ってもいいんだ。

イライラしてもいいんだ。

それでも、土台となる気持ちは「好き」だから。

 

長女は今もことあるごとに、

「怒ってもママが好き」と言います。

「ママも怒っても泣いても〇〇(長女)が好きなんでしょ?」と聞いてきます。

そうだよ、と答えると、とても嬉しそうです。

その前提を確認できれば、ぶつかり合っても大丈夫。

 

「ママがいい」「ママが好き」なんて素直に言ってくれるのはあとどれくらいでしょう。

もう少ししたら逆のことを言い出すようになるかもしれません。

でも、どんなことがあってもママは自分の味方だってちゃんとわかっていれば、

いつか困難に出会った時も強くいられる力になるはず。

心の根本にきちんと浸みこむように、今は言い続けようと思います。

何があっても、長女が大好きだよと。

 

「大好きだよ」は効果大の呪文

イライラしてしまう自分を肯定したら、気分がラクになりました。

自己嫌悪に陥ることもあるけれど、まぁ仕方ないと。

私もまだ、長女の歳の分しかママ歴がありません。

完全になんてなれません。

これから成長していけばいいのです。

 

イライラしてしまった時は、おまじないのように唱えます。

「大好きだよ」

「長女も次女も、とっても大事なたからもの」

心がともなってなくても口に出すことで、自分の気持ちもついていきます。

言葉って大事ですね。

本気で怒っている時は大好きなんて口にできませんが、そういう時のために、機嫌がいい時にいっぱい言っておきます。

 

これから長女が成長していくと、また別のイライラが待っているかもしれません。

次女が自我を持ち始めたら、長女とは違う風にイライラするかもしれません。

それでも、「大好き」という言葉を忘れずに接していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください