保育園入園事情あれこれ

こんにちは、ますQです。

次女の保育園入園まであと半月です。

昼間ふたりでいられるのもあとわずか・・・。

でも、入園できるだけ有難いですね。

保育園決まらなくて困っている人も多いと思います。

今回はママ友たちに聞いた、保育園入園に関するいろいろなことを書きたいと思います。

 

三鷹市は兄弟ポイントがなくなる?

[ad#co-1]

以前の記事で、「三鷹市は次年度から兄弟ポイントがなくなるというウワサがある」と書きましたが。

色々周りに聞いてみても、情報源が確かではなくてやはりウワサのようです。

 

聞くところによると、3年前くらいからこのウワサはあるようです。

近隣の市では兄弟ポイントがないところが多いので、その流れになっているとか。

確かに、長女の時は申込書に「兄弟で同じ園を希望する」という項目にチェックができるようになっていましたが、次女の時にはなくなっていました。

第一子を優先して入園されるためなのでしょうか。

 

私の個人的な意見としては、兄弟ポイントはあるべきだと思っています。

2人め、3人め、と安心して産むことができなくなってしまうし。

「下の子が保育園に入れなかったので仕事復帰できなくて、でも上の子は保育園に通っている」という状況だと、上の子が保育園に入っている意味がなくなってしまいますよね。

兄弟別々の園に入園すると、保護者は大変だと思います。

可能であるなら、兄弟同じ園に通わせたいです。

 

現状としては、「兄弟ポイントはまだ継続されるかもしれないけど、来年度からなくなっても不思議ではない」という状況のようです。

つまりはわからない、ということですね。

保護者としては不安になってしまいますが、引き続き情報に注意する必要があるようです。

 

友達の入園事情

私の周りは去年出産ラッシュで、保育園の申し込みをした人も多くいました。

三鷹市の話ではないのですが、友達の事情をいくつか。

 

ひとりの友達は1歳の子どもを保育園に入れるために、引っ越しを決意しました。

6つの区と2つの市に状況を聞きに行って、決めたのはセレブなイメージのある地域。

年明けの申込期限ギリギリに申請をしたのですが、、、。

見事に待機児童になったということです。

運良く認可外の保育園に空きがあり、そこに通うことになったのですが、保育料が月12~16万くらいかかるそうです。

引っ越しまでしたけど認可保育園に入れず、高額な保育料を払うことになってしまいました。

次年度は認可保育園に入れるといいですね。。。

 

東京都ではない友達は、上の子の育休中に下の子を妊娠し、兄弟2人同時申請でした。

結果は、別々の園に内定が来たとのことです。

2つとも認可保育園だし、担当者からは「近くの園に決まっておめでとうございます」と言われたそうです。

別々でも入れるだけいいということなんでしょうね。

 

また、職場の近くだと入りやすいので引っ越すか悩んでいた友達もいました。

結果引っ越しはせずに認可保育園に決まったので良かったのですが、職場の地域はポイントが並んだ時の判断材料に、「その地域での居住年数」が新たに加わっていたらしいです。

引っ越したばかりだと居住年数ないですから、引っ越さなくて良かったと言っていました。

 

入りやすくするためには

[ad#co-1]

両親ともにフルタイム勤務は当然で、そこからどのように他の人よりも優位になるかというのが決め手のようですね。

地域によっても違いますし、明確にポイントで明示している項目もあれば、「ポイントも並んだ時はこれで決めるらしい」というウワサだけの場合もありますが、いくつか挙げたいと思います。

 

◆認可外の保育園に預けている。

  三鷹市はポイントになります。他の保育園に預けていて既に仕事復帰しているというのは優先事項になりますね。

◆兄弟が保育園に通っている。

  前述のとおりです。今後はどうなるのかわかりません。

◆年収

  年収は保育料を決める基準としては明記がありますが、入園を決めるポイントとしては明確には書かれてはいません。

  でもよく言われますよね。

  友達は担当者に、「同じポイントの人が多かったので年収で決めました」とハッキリ言われたそうです。

  友達は認可に決まったので、「自分の家が年収低いって言われたも同然だよね?」と言っていましたが・・・。

◆居住年数

  これも前述のとおりですが、あまり聞かないので一部の地域のみの気がしますね。

◆待機年数

  その年に初めて申請した子よりも、ずっと待機している方が入りやすいところもあるようです。

◆育休期間

  育休期間が長いと、「まだ休めばいいじゃん」ということで優先されなくなってしまうようです。

  育休期間が短くすぐに復帰しなければいけない人は入れないと大変ですからね。

  会社の待遇が良いせいで保育園に入れないというのもどうかと思いますけどね。

 

住んでいる地域によってもかなり異なるようですね。

自治体も、待機児童問題にはまだまだ試行錯誤中だという印象です。

そのため、基準もその年によって変わったりすることが考えれます。

 

保育園に入りたくても入れない人がいる現状です。

入るために色んなことをする人がいるみたいですね。

どの子も希望すれば入れるようになってほしいと願います。

 

また情報があれば書いていきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください