子どもの初めての発熱① 長女の熱には気づかなかった!

こんにちは、ますQです。

今日も寒いですね。

子どもの風邪が心配な季節です。

今日は長女の、初めての熱についてです。

 

夏の子どもは熱いと言うけれど

[ad#co-1]

長女が初めて熱を出したのは8か月の時でした。

早くもなく遅くもなくと言ったところですかね。

7月の、海の日の3連休の時でした。

普通なら、連休の病院が休みの時に風邪なんて!となるところですね。

 

夏の子供は熱いって言うじゃないですか。

特に赤ちゃんを抱っこしていると暑いし、寝るとさらに体温が上がると。

ちょうど梅雨が明けた時だったのでしょうか(覚えてない)。

それまで涼しい日が続き、連休に入って急に夏が来て暑くなりました。

 

気温が上がったのに合わせて、長女もすごい熱くなった!

そう感じました。

夏の子どもが熱いとは言うけれど、こんなに熱いものなのだなぁと。

 

3連休なので、外出をいっぱいしました。

子どものためではなく、ほぼ自分のためのお出かけですね。

長女を連れて、友達に会いに行きました。

 

友達に抱っこしてもらった時も、

「熱いねぇ」と言われたりしましたが、

「夏の赤ちゃんってホント熱いよね」とか応えていました。

長女も機嫌よく、お座りしたりハイハイしたりしています。

 

次の日に別の友達に会った時も、「熱いね」と言われました。

そして連休最後の日の夜に、ふと思ったのです。

今まで「熱い」なんて言われなかったのに、続けて言われたなぁと。

そういえは、涼しい場所にいても熱い気がする。

 

で、熱を測ってみました。

38.7度。。。

 

熱あるじゃん!!

夏だから熱いんじゃなくて、熱出して熱かったんじゃん!!

ってことは、2日前くらいから熱があったってことじゃん!!

今更な感じですが急に慌てました。

初めての発熱ですからね。

 

次の日、小児科に行きました。

その時にはお腹に発疹が出始めていて、診察室ですぐに言われました。

「あ~、突発性発疹だね」と。

 

突発性発疹は赤ちゃんの初めての発熱で発症することの多い病気です。

高熱が3~4日続き、熱が下がると同時にお腹あたりから汗疹のような細かい赤い発疹がでます。

普通、発熱した段階で受診しても判断できず、発疹が出始めてからようやく病名がつきます。

長女は、発熱した状態をすっ飛ばしてしまったので、すぐに病名がつきました。

 

「熱い」と気づきながらも発熱だとは思わなかった自分に反省です。

まぁ生まれたてではない8か月の時のことだし、機嫌も良く食欲もあったので問題ない状態だったのでしょうが。

突発性発疹は、ほとんどの子が発症する、特に問題のない病気で、発疹がなくなれば快復です。

長女も何事もなく快復しました。

 

子どもの様子に注意しよう

[ad#co-1]

1か月健診の時に、先生に聞いてみたんです。

「毎日熱を測る必要はありますか?」と。

入院中は毎日助産師さんが体温を測っていたし、育児日記とかにも、体温を書く欄がありますよね。

平熱を知るためにも毎日測った方がよいと読んだ記憶もあります。

 

でも、先生はこう言いました。

「毎日抱っこしていれば熱かったら気づくので、熱を測る必要なありませんよ」と。

とても納得して、それ以降全然熱を測ることはありませんでした。

 

熱いのには気づいたけど、熱だとは思わなかった。。。

テキトーな性格の私らしいと言えば私らしいです。

 

「初めての子なんだから、体調とか気にしそうだけどね」

「育休中で仕事してないんだから、熱測る時間くらいあるよね」

とか友達には言われました(笑)

 

そういえば、食欲があまりない時も

「今思春期なんじゃない?」とか言って(笑)、軽く済ませちゃいます。

あとで自分に胃腸炎がうつってから、「注意しとけばよかった」と思ったります。

 

子どものためにも、「ちょっと様子がいつもと違うな」と思ったら注意することが大事ですよね。

特に赤ちゃんは自分でしゃべることができないので、親が気づいて判断してあげなければなりません。

ウチの子たちは幸い、大きな病気にかかったことはありませんが、

早めに対処することで軽く済む場合もあります。

早めに受診した方が親も安心できます。

 

長女は、夏によく風邪を引くけど冬はわりと強いです。

私も夏風邪の方が引きやすいので、遺伝でしょうか。

冬の風邪は寒くないかとか、乾燥してないかとか、気をつけなければならないことがたくさんありますよね。

その点夏風邪は、汗をかいたら着替えるくらいなので、気持ち的には余裕を持って対応できますね。

でも、夏風邪の方が長引く気がしますが。

風邪を引くたびに、「これから生きていくための免疫をつけているんだ」と前向きにとらえています。

 

子どもは症状が変わりますので、長引くときは2日おきくらいに受診する必要があるようですね。

最初の診断では病名がつかなくても、経過によってわかる場合もあるようです。

いつどのような状態で、熱はどのくらいかと記録しておくといいみたいです。

 

子どもの体調を気にし過ぎる必要はないかもしれませんが、

ちゃんと様子を見て受診することは大切だと思いました。

自分の対応のせいでツラい思いをさせることがないように、

これからも健やかに育っていきますように。。。

 

次回は次女の初めての発熱について書きたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください