シャフリングベビーその後③ 1歳2か月で1秒立った!!

こんにちは、ますQです。

シャフリングベビーで、なかなかハイハイしなかった次女。

ハイハイもつかまり立ちも、つたい歩きも平均よりかなり遅いペースでできるようになりました。

そして先日、やっと、1秒だけ、自分の足で立つことができました。

今回はそんな次女の今の様子を書きたいと思います。

 

 

小さいうえにマイペース

[ad#co-1]

 

保育園に入園したら、周りの刺激を受けて色々とできるようになるかなとも思っていたのですが。

かなりのマイペースさんのようです。

他の子が立とうが歩こうが、気にすることなくお座りで遊んでいます。

先生たちも認めるくらい、お座り大好きです。

周りを気にしないのはきっと、私に似たんだろうと思います。。。

 

次女は4月生まれで、保育園の0歳児クラスでは2番めに年上です。

ですが、パッと見の印象は、クラスの中でも小さい方に見えます。

7月生まれや8月生まれの子より、見た目で明らかに小さい。

1歳2ヶ月の現在、69センチ8.2キロ。

体重も軽めですが、身長が短いですね。

保育園の同じクラスの子が、平均より大きめの子が多いので、余計に小さく感じます。

 

今でも知らない人に話しかけられる時は必ず、「何ヶ月ですか?」と聞かれます。

誰も1歳過ぎてるとは思わないみたいです。

「1歳2ヶ月です」と言うと、意外そうな顔をや申し訳なさそうな顔をされるので、自分から「小さめなんですけどね」と付け加えることもよくあります。

身体の大きさだけでなく、顔立ちもシンプルで赤ちゃんっぽいせいもあるかもしれませんね。

手や足も小さいです。

それがカワイイんですけどね。

 

1人めの子が次女のサイズだったら、小さいことを気にしたり悩んだりしたかもしれません。

でも、2人めだし元がテキトーな性格なので私は全然気にしてません。

小さいうちは個人差が大きいことを知ってるし。

こんなに小さいし動かないのに、どれだけ食べるのってくらいにいっぱい食べるし。

友達や親戚の子に、成長曲線からはみ出して小さい子がいるのも、安心できる材料でしょう。

私自身、小学生の時は1番前だったけれど、今は平均です。

 

小さくていいことってたくさんありますよね。

抱っこしても軽くてラクです。

オムツは小さいサイズでいいし。

服も長く着られるし。

お風呂で身体を洗うのもあっという間だし、保湿剤もごく少量ですみます。

経済的ですね。

そして、次女のようにハイハイや立つのが遅くても気づかれない、というか、違和感がありません。

 

兄の子が、逆にとても大きい子なのですが。

1歳の時にベビーカーでお散歩していたら、「こんなに大きいんだから歩きなさい」と言われたり。

歩けるようになったばかりなのに大きいから足音が大きくて、マンションの下の階の人からクレームが来たり。

抱っこしてあげたい時も重くてツラかったり。

話しかけられてもまだしゃべれないと、不思議そうな顔をされたり。

色々と大変みたいです。

15キロある2歳児は、想像しただけでも大変そうですよね。

大きくても小さくても、子どもがカワイイことに変わりはないですが。

大きい子だと、実際より年上に見られるし成長も早くて当然と思われがちですね。

 

次女は小さくてのんびり屋さんなので、見た目と中身は合っています。

初めて次女を見たら、だいたい8ヶ月~9ヶ月くらいって思う人が多いんじゃないかな。

まぁ本人はまるで気にしてないし(笑)、私も気にしてないのでこのまま自分のペースで成長してくれればと思います。

 

 

ひとりで立った!!

[ad#co-1]

 

そんな次女が1人で立ったのはつい先日です。

休日の朝、目覚めてるけど起きないで布団でゴロゴロ、という時間を楽しんでいる時でした。

横向きで寝ている私の腰のあたりにつかまっていた次女の手が、ふいに離れました。

その1秒後くらいに、次女のお尻が布団に落ちる音がしたんです。

 

「あれ?次女ちゃん、今立った??」と私が声をあげると、パパも長女も飛び起きて次女に注目ですよ。

次女はそんな視線を気にすることもなく、もう一度、やっぱり1秒だけ立って、すぐに座りました。

家族で拍手喝采です。

みんなが拍手しているので、次女も一緒に手をパチパチしていました。

 

立たせようとしたわけではなくて、次女が自分から手を離して立ったのは嬉しいですね。

その瞬間に家族みんなでいれたことも嬉しかったです。

 

その後も何度か1秒立ちを披露してくれますが、まだまだ安定していません。

しっかりと立てるようになるにはまだかかりそうです。

でも、少しずつ立てる時間は延びていくのでしょう。

立とうとするのは必ず布団の上で、硬い床の上だと立とうという気がないようです。

立てなくて尻餅をついた時に痛いのがわかっているんでしょうか。

自分ができると確信するまではやらない、そんな慎重派な部分があります。

 

長い時間立っていられるようになって、そこから自分で1歩進めるようになるには、あとどれくらいかかるでしょう。

歩くのはまだまだ先と思っていますが、両手を持って移動してみると、意外にもすんなりと歩き出しました。

手をしっかりと握っていれば、脚を踏み出すのは簡単そうでした。

立った状態で進むのが嬉しいのか、私の方に手を伸ばして歩きたがります。

安定して立てるようになれば、歩き出すのはスムーズかもしれません。

 

目安としては、健診がある1歳6か月までには歩いてくれるといいなと思っています。

歩けるようになっているかは、まだ誰にもわかりませんが・・・。

次女の今後の様子は、また書いていきたいと思います。

 

 [ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください