8か月の下の子、まだハイハイをしない

こんにちは。ますQです。

今回は8か月になる下の子のお話を。

 

ブログが作れた興奮で、ブログに関する記事ばかりでしたが、メイン(になる予定)の子供の話です。

ブログについては知識も経験も全くないし、引き出しがないので、次の記事が書けるのはだいぶ先になりそうです。

私には4歳2か月の長女と、8か月の次女がいます。

子供の話ならネタは尽きないですが、すぐに成長して状況が変わってしまう次女の今の様子を書いておこうと思います。

記念すべき最初の子供話が、「ハイハイができない」っていうのも、まぁ私っぽい。

 

ハイハイしてほしいのかほしくないのか

[ad#co-1]

「ハイハイ いつから」で検索すると、「5~8か月」とか「7,8か月」とかって書かれてますね。

8か月でまだハイハイしない次女が、特に遅いわけではないようです。

っていうか、私も遅いのを気にしている訳ではありません。

でも、歩き始めるのは遅くていいから、ハイハイはいっぱいしてほしいな、とは思っています。

腕のチカラをつけるのにはハイハイをさせるのがいいみたいですね。

歩いてからでもハイハイはできるので、焦る必要もないですが。

 

ちなみに長女がいつハイハイしたのか、母子手帳を調べてみましたが、ハイハイだけ記載がありませんでした(笑)

匍匐前進みたいなずりばいから始まり、歩き始めた1歳1か月(歩いたのは記載があった)以降も、

しっかりとハイハイしていた記憶があります。

ニコニコしながらずりばりしてるの、可愛かったなぁ。

 

私が「次女はハイハイしないな」と気にしている理由は、

ラクだから。

 

お座りはもう安定しているので、座ったままで基本ほったらかし。

視界に入るように座らせておくと、手の届く範囲で色々しています。

オモチャを置いておくと左右の手に持ち替えたり、口に入れて歯みがき(?)したり。

気に入っているのはかごの中のモノを出して散らかすこと。

オムツ替え用のかごに入っているオムツ7~10枚、おしり拭き、オムツ捨てる用のビニール袋。

お世話用品かごに入っている保湿クリーム、ガーゼ、ブラシ等を出しては放り投げる。

(危ない爪切りや体温計とかは移動しました)

気が付くと、周りにいっぱい散乱している。

散乱したオモチャとかを取ろうと手を伸ばしている姿もカワイイです。

ハイハイできないので、手が届く範囲のオモチャしか取れず、怒ったりしています。

 

その状態に飽きたり、構ってほしくなったり、眠かったり、お腹がすいたりすると泣くので、

それまではほったらかしです。

う~ん、ラクです。

ハイハイしないということは動かないので、目を離しても危なくない。

後追いもしない。

こんなにラクでいいのだろうか。ちょっとは練習したほうがいいかなと思ってしまいます。

 

長女の保育園のママ友に、次女より5日後に3人目を生んだ人がいるのですが。

その子は4か月の時に「ずりばいが止まらない」と言っていました。

うちの子はその時点で寝返りすらまだだったなぁ。

赤ちゃんの成長はとても個人差がありますね。

 

寝返りも早くはなかったのですが、寝返り返り(うつぶせから仰向けに戻るやつ)はまだできません。

仰向けうつぶせでを繰り返して移動する子もいますが、次女はそれもできない。

うつぶせになると、しばらくゴキゲンで遊んでるけど、そこから動けないので泣き出す。。

 

今の移動手段は、仰向けの状態で足を使ってズリズリと頭の方向に進んでいくことのみ。

だいたい布団から頭がはみ出したところで泣き出します。

移動しても2メートルくらいかな。

お座りでも気づくと少し動いているけど、50センチくらい。

その周りだけ気を付けていれば危険はないです。

 

親思いなんだと思ってみる

[ad#co-1]

ハイハイし始めたら注意しなきゃいけないことがたくさんありますね。

今みたいに同じ場所に座ったまま遊んでいる時間は減るでしょう

行動範囲が広がると、手の届く範囲も増えます。

床掃除も今よりマメにしなきゃいけないでしょう。

(特にダイニングテーブルの下は長女の食べカスがいっぱい)

長女のオモチャには小さいものがたくさんあります。

今でも、気が付くと紙を食べていたなんてしょっちゅうです。

私も苦手な掃除、片づけを徹底する必要があるでしょう。

それを先伸ばしにしてくれている、親思いな子です。

 

次女は生まれた時から親思いだなぁと思うことが多いです。

本人は意図していないでしょうが(笑)

 

とても安産だったり。

お産入院も、休日料金も深夜料金もかからない、ゴールデンウィーク前日の4月28日だったし。

ウンチの回数も少ないし。

今もハイハイしないから、次女が起きている間もパソコンを触ってブログを更新できます。

 

2人目なので、私に余裕があるっていうのが大きいと思います。

よく思い出せば2か月で熱を出したりと大変なこともありましたが、印象としては手のかからない子だなぁと。

その分、これから大変になるかもしれないと覚悟しておきます。

 

昨年11月末に保育園の申し込みがあり、次女と市役所に申し込みに行った時。

周りにも同じように赤ちゃん連れのママがいました。

話してみると、4か月の子、5か月の子、3か月の子・・・。

うちの次女が一番月齢が大きかったのですが、

「一番赤ちゃんっぽい顔してる」と言われました。

 

体は平均より少し小さめなくらいですが、髪の毛が少ないこと。

目は大きいけどシンプルな顔なこと。

私も、確かにこの子は赤ちゃんっぽいと思いました。

その場にいた他の子はたまたま、「赤ちゃん」ったいうより「こども」って言ったほうがいいような、

ちょっと大人っぽい顔立ちや表情の子が多かったですね。

赤ちゃんっぽいと言われたこと、なんだかとても嬉しかったです。

 

私は子供は2人と決めています。

経済的にも年齢的にも3人は厳しいし。

私自身も2人兄弟だから、兄弟の人数は2人という大前提がもともとありました。

なので、次女は2人めで最後の子供です。

成長したら戻らない、赤ちゃんの時期を長く見せてくれているんだなぁと思います。

ゆっくりでいいから、カワイイ姿をこれからもたくさん見せてね。

ハイハイしてもしなくても、毎日楽しく過ごしていこうね。

これからの成長が楽しみです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください