学童に入所 すんなりなじんだ長女

こんにちは、ますQです。

保育園を卒園した春は、小学校の入学に先駆けて、学童が始まります。

1歳の時からずっと同じ保育園だった長女にとっては、初めての環境の変化です。

子どもにとっては大きなことですよね。

今回は学童入所から今までの様子を書きたいと思います。

 

初の登所はママもドキドキ

[ad#co-1]

4月1日、初めての学童登所です。

何度か家から学校、学校から学童、学童から家というルートを散歩したり1人で歩かせてみたりしましたが、

初めの日は不安だらけだろうと思い、私も一緒に登所しました。

 

学童に入り、先生に挨拶。

先生という呼び方が正しいのかは知りませんが、子どもは先生と呼んでいたので、先生にしておきます。

持ってきたうわばきに履き替えて、教えてもらったロッカーに荷物を入れます。

登所の時の流れは先生が丁寧に教えてくれました。

私は保育園のノリでつい学童内に入ってしまったのですが、保護者は入らないみたいです。

なので、先生が長女に説明をしている途中で学童を出ました。

 

長女の様子は、緊張しているのか挙動不審。

先生の話を聞いているのかいないのか、違うところを見ていたり、といった様子です。

私は大丈夫か心配になりましたが、先生に任せてそのまま仕事に行きました。

 

長女の学童は学校外です。

いくつかの小学校から、この学童に来る子がいます。

出身保育園から同じ小学校に入学する子は長女を入れて3人なのですが、

他の2人は学校内の学童です。

出身保育園から別の小学校に入学する子で、学童が同じ子が2人います。

全く知らない子ばかりではないのがせめてもの救いです。

 

心配なまま夕方お迎えに行くと、長女は「学童楽しかった!」と言っていました。

お友達もできたようです。

持っていったお勉強もちゃんとやって、

お弁当も残さず食べたみたいです。

心配することなかったなと、安心しました。

 

次の日からは朝1人で学童に行くようになりました。

学童に着くと自分のカードをタッチする、タイムカードのようなものがあるのですが、

そうすると私に登所のメールが来ます。

このメールがあると安心できますね。

特に問題なく、学童に通っています。

お友達と遊ぶことと、お弁当か嬉しいようです。

 

入所を祝う会

[ad#co-1]

 

学童には入所を祝う会というのがあります。

入学式の日に、入学式の後で親子で学童に行って出席しました。

 

同じ三鷹市の学童でも、入所式があるところとないところがあるようです。

なくても問題がないようか気もしますが、

入所式がなかったらダンナは学童の中に入る機会がないままだったので、あって良かったです。

 

入所を祝う会は簡単なもので、

子どもの名前を1人ずつ呼んで返事をする。

所長(って言うのかな?責任者の先生です)の挨拶。

職員の紹介。

在校生(これも言い方がわからない。去年から学童にいる子達です)から、歌のプレゼント。

そんなもので、30分弱で終わりです。

 

所長の言葉で、

「この学童はいくつかの小学校から子どもが集まっているから、学童にくる時間も、お休みの日も違う。

自分と人は違ってていい、自分とは違う友達のことを大切にしよう」という内容がありました。

学校外の学童で大変だな、と思っていましたが、

その分、学校のお友達の他に学童のお友達もできる、良い場所かもしれないと思いました。

 

お迎えとお弁当

 

学童には毎日連絡帳を提出します。

連絡帳には当日の帰宅についてを記入します。

 

学童からの帰宅は1人で帰るのと保護者がお迎えするのと2つあります。

1人で帰る場合はだいたい、方面に分かれて集団です。

17時と18時ちょうどに、グループで帰ります。

途中までは先生が付き添ってくれます。

 

18時以降は延長なのですが、その時は保護者のお迎えが必要かです。

長女はそのうち18時の1人帰宅にしようと思っていますが、4月は私がお迎えに行っています。

18時に帰る子達はその時間までに帰り支度を終えています。

 

次女の保育園には学童に先にお迎えに行くと話をしていて、

「本来は下の子からお迎えが原則だけど、

初めのうちだけなら次女ちゃんのお迎えが少し遅くなるのは大丈夫」と言われました。

長女は次女のお迎えに行けるのが嬉しいみたいですが、

5月になったら1人で帰ってきてもらう予定です。

2ヶ所お迎えは時間もかかるし、意外と大変です。

 

お迎え以上に大変なのがお弁当です。

保育園の時は5年通って、お弁当作ったのは4回だけでした。

学童で給食はありません。

お弁当を頼める学童もあるようなのですが、長女の学童はお弁当を持って行くしかありません。

学童の隣がコンビニなのですが、「お弁当を忘れても買いには行けませんので注意してください」と言われました。

 

学童でお弁当を頼めるかどうかは、役員があるかにもよるみたいですね。

長女の学童は役員がありません。

説明会でも役員のやの字も出て来ませんでした。

他の学童のママの話を聞いて初めて、学童にも役員があることを知りました。

 

春休みや夏休みなどの、1日学童の日はお弁当を忘れる子はあまりいないようですが、

学校に行くけど給食がない日はお弁当を忘れる子がいるようです。

特に1年生は、入学後しばらく給食はないので、ランドセルにお弁当を入れて登校する日があります。

 

私は料理が苦手なので、お弁当作りがツラかったです。

給食が始まるまでの期間、お弁当を作ったのは8回だけなのですが、なんか大変でしたね。

夏休みは毎日お弁当かと思うと、今から恐怖です。

 

長女は学童にはすんなり馴染んだけど、私がお弁当作りのある新生活に慣れなかった新年度でした。

学校が始まることで、更に新しい環境となるのですが、学校のことはまた別の記事に書きたいと思います。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください