初めての妊娠① 妊娠報告の時期について

こんにちは、ますQです。

今日は、長女の妊娠についてです。

妊娠発覚してから5年くらいになるので、記憶が風化しないうちに記録しておこうと思います。

母子手帳片手に振り返ってみます。

 

妊娠するまで

[ad#co-1]

結婚が2009年、29歳でした。

でもすぐに子どもがほしいというわけではなく、3年後と5年後~とか言ってました。

実際は3年後と7年後になるのですが、まぁだいたい予定どおりです。

 

結婚3年めに入ったくらいから、基礎体温を付け始めましたよ。

朝目覚めてすぐに、なるべく動かないまま口に入れて測んですよね。

私が買った基礎体温計は薬局で売ってた一番安いやつで、前回の体温表示が出るだけで、記録とかはしてくれない。

体温を測ったら手帳にメモってました。

でも、朝イチだし眠いし寝ぼけてるし、覚えてないことも多くて。

低温期か高温期かがわかればいいので、適当につけてましたね。

そういえば、ダンナが帰りが遅くて先に寝ることも多いのですが、

ダンナが返ってきた音で目が覚めて、無意識に体温測ってたことがありましたね。

まだ夜中で、起きるつもりもないのに体温計を咥えてて、ダンナに

「こんな時間に何してんの?」って笑われたり。

妊娠あるあるでしょうかね。

 

私は生理が規則的で、28日周期でした。

お腹の調子でなんとなく排卵日もわかるかなっていう、理想的な身体です。

しかも排卵日が週末にあたっていました。

ダンナに「今週末だと思うよ」と伝えておく。

結果として半年で妊娠できたのですから、不妊が増えている昨今では有難いことだと思います。

 

で、初めての妊娠なのでやっぱりソワソワですね。

生理予定日数日後に検査薬で確認して、予定日1週間後に受診しました。

それまで健診以外で婦人科にかかったことがないので、近所の産婦人科を調べて、

分娩はないけど妊婦健診はできるレディースクリニックに行きました。

5週目だと胎盤の確認はできるけど、赤ちゃんの心拍とかは確認できないし、まだ何もできないんですよね。

2週間後に来てくださいって言われるだけです。

まだ母子手帳ももらえず補助もないので、受診料がかかるだけなので6~8週くらいで見てもらう方が

心拍確認できるしいいのかもしれませんね。

あ、でも、「血がたまってるから、安静にしないと出血して流れる可能性があるよ」って言われました。

次女の時はそんなこと言われなかったし、友達でもそんな風に言われたって人を聞かないので、見てもらってよかったのかな。

ちょっと怖かったので、行動には気を付けました。

 

妊娠報告はいつ?

[ad#co-1]

さて、周りへの妊娠報告のタイミングは人により様々ですね。

何かあったら周りに気を使わせるだけだから、安定期に入るまで話さない。

判明後すぐに親に話したら流産してしまって、親を悲しませたから話さなければ良かった。

その気持ちもよくわかります。

 

私は、、、。

すぐに話しました。

ダンナにはモチロン、検査薬の時点で話してますし。

親にも受診した日に会ったので話しました。

まずエコー写真を見せたのかな。

ウチの両親は2人とも医療関係の仕事なので、すぐに理解しました。

母親は風邪気味とかで、話した直後にマスクつけてました。

父親は「身体には気を付けろ」と何度も行ってましたね。

ちょうどその日に入院中だった祖母のお見舞いに行ったので、祖母は身を乗り出して、

「みんなに話していいの?」と興奮してましたね。

両親は近くに住んでいてちょくちょく会うので、話しておく方が絶対いいと思ったので。

何かと助けてもらうし、特に母親は看護師なので相談にも乗ってもらえるし。

話しておいた方が好都合で、安定期まで待つなんて考えが全くありませんでした。

ダンナの両親にはもう少しあとだったかな。

遠方で頻繁に会うわけではないっていうのが理由ですね。

 

職場への報告は悩みますよね。

すぐに言うより、安定期に入ってからの方が一般的なのかなと。

私の場合はというと。

生理予定日くらいで、勘のいい女性の先輩社員にはバレました。

「もしやオメデタ?」って。

まだ自分でも確信できないくらいの段階だったので、なんでわかるの?って感じでしたよ。

検査薬した時点で、飲み会に誘ってくれてた男性の先輩社員には話しました。

ドタキャンでスミマセンが、、、と。

 

そして、受診して妊娠確定した頃に、会社の朝礼で具合悪くなっちゃったんですよ。

フラフラして立っていられなくなって。

それを先述の勘のいい女性先輩に見られて、休憩室(っていうかただの会議室)で休むことに。

自分のチームの人たちには言わないわけにいかなくなったし、上司にも話しました。

直接話さなくてもその様子を見てた人なら気づいたでしょう。

その後は暗黙の了解的に、みんな知ってる空気でしたね。

 

 

妊娠報告のタイミングは、人によって考えが違うでしょう。

報告する側とされる側でも、意見が違うかもしれません。

 

私は、「事情がある場合は別にして、判明したら話した方がいい」という考えです。

自分も周りも、その方がラクじゃないかなと。

つわりが全くなくて体調に問題がなく、普段と変わらずに生活できるなら話さなくてもいいのかもしれませんが。

不意に何か起こった時に、対応が変わると思うのです。

例えば、突然「社内の片づけをしよう」となった時に、妊娠報告をしていれば重いものを持つのは免除してもらえますよね。

話してないと、頑張って重いものを持ったり動いたりしなければなりません。

それ自体問題がなくても、不安に思ってしまうこともあるかと思います。

 

周りも、なんとなく気づいても「もしかして妊娠した?」とはなかなか聞けないものです。

男性社員などは言わなきゃ気が付かない人がほとんどです。

安定期に入ってからや、不幸にも流れてしまった時に報告すると、

「言ってくれれば良かったのに・・・」と大体の人が思うと思うのです。

ハッキリと言われていた方が、周りも心配もサポートもしやすいんじゃないかな。

 

不妊の人や流産経験者が周りにいると、妊娠報告も難しい場合もありますよね。

でも、妊娠することはおめでたいことであり後ろめたく感じる必要もないはずです。

早めに言うことで誠意も伝わるはずです。

そうは言っても、女性にとってデリケートな問題で難しい点はありますよね。

周りの状況次第にはなってしまいますが。

 

私は早くに報告してよかったと思います。

周りにはかなり助けられました。

当時はあまり意識しなかったけど、恵まれている環境にいたんだなぁと思います。

 

長女の妊娠について、出産まで書くつもりでしたが、妊娠報告の段階でだいぶ長くなってしまいました。

続きはまた、別の記事で書きたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください