ディズニーの英語システムをやっている③ 教材が多すぎる

こんにちは、ますQです。

先日から書いている、ディズニーの英語システムについて。

前回は料金について書きましたが、ホントに、「あんなに高くなきゃみんなに勧めるのに」と思います。

ウチの家庭にはとても高い買い物だったのですが、内容には満足しています。

今回は申し込んでからのことを書きたいと思います

 

翌々日に届いた!!でも・・・

[ad#co-1]

 

無料サンプルを取り寄せて、問い合わせをして、アドバイザーさんが来てくれたその日に申し込みました。

すると、確か翌々日には教材が届きました。

翌日だったかも?覚えてませんが、申し込みからすぐだったのは覚えています。

 

私が申し込んだのは、アドバイザーさんが「最低でもこれ以上」と言われたプランのひとつ上の、60万円超えのプランでした。

これでも充分に高いんですが、これよりさらに上のプランが4つか5つもあるんですよ。

いやぁホントに高いですね。

 

その「最低でもこれ以上」というプランより上ならば、教材を入れる棚もついてきます。

教材を買うとき、それをしまう場所も困りますよね。

キチンと入る棚があるというのはかなりポイントが高いんじゃないかと思います。

その棚も、ウチにある安物の家具よりはしっかりしたつくりでした。

買うときに、棚のサイズを聞いて、家のどこに置くかも決めておきました。


で、宅配業者さんが来るなり、「すごい量があります。どんどん運んで置いていきますね」って言われました。

その言葉どおり、すごい数の段ボールが家の中に積み上げられていきました。

宅配業者さんが帰った後、私はひとりで呆然としました。

 

量が多すぎて、どうしていいかわからないのですが、このままにしておくわけにもいきません。

とりあえず中身を開けないと始まりません。

だいぶ前のことなので正確な記憶ではないのですが、大量の段ボールの中に、「これを最初に開けてください」とか書いてあるのがあったような気がします。

さすが、長年たくさんの利用者があるので、わかりやすいように工夫がされているんですね。

何が入っているか、棚のドコに何をしまうのか、ちゃんと説明がありました。

 

全部棚にしまったけど・・・

[ad#co-1]

 

説明どおりに棚を作り、説明どおりに全ての教材をしまいました。

CD、DVDはひとつずつビニール包装がされているので、ひとつずつ剥がさなければなりません。

そのビニールと段ボールのゴミもすごい量になりましたね。

 

私の申し込んだプランは、棚に全てが収まりました。

当日の申し込み特典で付いてきたDVDプレイヤーも、持ち歩き用のカバンも入りました。

でも、もっと上のプランだと、全ては入りきらないんじゃないかと思います。

一番高いプランだと、当時は(今も?)かなり大きなミッキーのぬいぐるみがついたハズで、すごい良さそうですがしまう場所に困りそうですね。

一番高いプランを申し込む人の家は広いから問題ないのでしょうか。

棚に収まったはいいですが、それをどうすればいいのかわかりません。

量が多すぎて、何をすればいいのかがわからないのです。


子どもに英語を使えるようになってほしくて、一大決心して、自分にとってはかなりの大金を払って買った教材です。

大きな買い物に興奮しているし、早く色々試したいけど、どうしていいかわからずに混乱しました。

大量のCD、DVD、本に、カード類。

オモチャもついています。

その他マニュアル類と、機械やアダプタ、マイクやリモコンに、契約書などを入れるファイル。

どれが何やらさっぱりです。

たぶんほとんどの人が同じ状況になるのでしょう。

これにもちゃんと説明がありました。

初めに全体の流れと教材の内容を把握できるように、この順で見ていきましょうというマニュアルです。

CDやDVDを流しながら、本を見たりグッズで遊んだりして全体像を掴むといいみたいです。

ひとつに2〜3日かけると、全体を見るだけでも3ヶ月くらいになります。

子どもと見ているのでそれだけで英語に触れる機会になりました。

 

教材が棚に収まっている様子はなかなか圧巻です。

届いた日は、ダンナも帰宅後しばらく眺めていました。

「すごいね、これ」と。

でも、教材が多すぎて何をやっていいのかわからないようで4年半たった今でもほとんど手を付けようとしません。

私が勝手に買ったので、いいんですけどね。

 

家に遊びに来る人たちも、だいたい反応します。

知っている大人は「ディズニーの英語やっているんだ!高いでしょう?」という反応。

知らない大人は、「すごいね!ウチもやってみようかな。これいくらくらい?」という反応。

値段を言うと無理かな、と言われてしまうんですけどね。

 

大人より、子どもの反応がすごいです。

ほとんどの子が、ウチに来るなり教材の棚に向かっていきます。

棚にキレイに黄色・黄緑・緑・青の本やCDが並んでいますからね。

ミッキーたちが書いてあるのも魅力的なんでしょう。

マイクやオモチャを出して遊んでいます。

英語の声が聞こえてきたりしたら面白いですよね。

そうやってお友達が興味を示してくれると、ウチの子もやる気がでるようです。

 

教材が届いた時には量が多すぎて、何をしていいかわからす途方にくれました。

今でもまだすべてを使いこなしているとは言えませんが、中身はだいぶ把握しています。

言えることは、「イキナリ全てを知らなくても大丈夫。何年も使うものだから、ゆっくり少しずつ見ていけばいい」です。

子どもにとっても、新しいものが出てきた方が興味を持ちますからね。

教材の内容については、また別の記事で書きたいと思います

 

[ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください