ディズニーの英語システムをやっている④ プレイアロング

こんにちは、ますQです。

我が家にとっての大金を払って手に入れたディズニーの英語システム。

今のところ、買ってとても良かったと思っています。

全てを使いこなしているわけではないけれど、子ども達は楽しんでDVDを見てCDを聞いています。

今回はディズニーの英語システムの中の、プレイアロングについてを書きたいと思います。

 

 

0歳から2歳くらいまではこれでOK

[ad#co-1]

 

プレイアロングは、赤ちゃんの時から英語に触れられるように作られたプログラムです。

ディズニーの英語システムでは、ある程度以上のパッケージプランに無料でついてきます。

なので、「プレイアロングがつかないこれ以下のプランだともったいない!」とアドバイザーさんに力説されました。

使ってみると、確かにそのとおりでした。

 

ディズニーの英語システムの一部ですが、このプレイアロングにはディズニーのキャラクターは出てきません。

フロッギーというカエルと、バニーというウサギのキャラクターが出てきます。

このフロッギーとバニーは、ウチではやっていませんが他のシリーズでも出てくるキャラクターらしいです。

アニメではなくぬいぐるみで、昔ながらと言った感じのほほえましい動きをします。

実際の子ども達もたくさん出てきます。

 

プレイアロングは1から3まであって、DVDがメインで、DVDに使われている歌が入っているCDがあります。

あまり見ていないけど、保護者用の説明の本があったかな。

説明の本は見なくても十分にわかる内容ですし、子ども達も勝手に遊んでくれます。

そして、たくさんのオモチャがあります。

どれもDVDの中に出てくるオモチャです。

 

いくつもの小さなぬいぐるみと、それを入れるカラフルでやわらかいボックス。

ぬいぐるみのなかには指を入れて動かせるものもあります。

ボールも、ただのビーチボールではなく、外側にカラフルでやわらかい布がついています。

マラカスと、鈴の入ったブロック。

積み重ねられるカップとバケツ。

マジックテープで止めたり包丁で切ることができるプラスチックの果物。

人形が乗っている小さな車。

お風呂で身体を洗うのに使えるカエルのパペット。

そんなに特別なものはないし、似たようなものはオモチャ屋さんに行けば見つかりそうです。

でも、DVDに出てくるのと同じものがあるのが嬉しいんですよね。

赤ちゃんの頃のオモチャはこれだけで充分なんじゃないかと思うくらい、豊富に揃っています。

 

オモチャは普段から遊ぶのではなく、DVDを見る時に出すようにした方がいいみたなことが説明にはありました。

英語で遊ぶときのもの、という意識がある方が、英語と結びつきやすいのでしょうか。

ウチでも、基本はDVDを見る時にオモチャを出して使っています。

常にお風呂に置いてあるオモチャもあります。

DVDでもお風呂の歌がいくつかあるので、お風呂の時は歌いながら遊んだりしています。

 

 

子どもの反応

[ad#co-1]

 

このプレイアロングにはとてもお世話になりました。

子ども達はDVDを真剣に見ています。

ずっとテレビを見せていると、「テレビばかりを見せて、テレビに育児をさせてしまった」と親が罪悪感を感じたりもしますが、

「英語を学んでいるんだ」と思うとちょっと気がラクになったりします(笑)。

 

ただ、「DVDを見させてほったらかし」にできないことも多いです。

オモチャもあるので、小さいうちは親も一緒になって遊ぶ方が子どもは喜びます。

大人にとっても楽しい内容ではあるのですが、高い高いをしたり、膝に乗せてゆらゆらしたりするので結構大変だったりもします。

ひとりで見れくれる時もあれば、「一緒にやって!」と言われることもあります。

親と一緒に楽しんだ方が英語は身につくんでしょうね。

 

赤ちゃんの頃から4歳になるくらいまではとても楽しんでいたと思います。

今5歳の長女はもうあまり見ようとはしませんが、次女のためにつけると一緒に遊んであげたりしています。

自分が小さい時に見ていたものを、妹と一緒にまた見ているので、結構身体にしみ込んでいるんじゃないかと期待しています。

 

1歳9か月の次女は夢中で遊んでいます。

 

オモチャを要求してきたり、自分で出したりしては画面と同じ動きをしようとしていて、とてもカワイイです。

次女だけ保育園を休んだ時や、次女だけ朝早く起きてしまった時などは、だいたいプレイアロングを見せています。

長女の時も感じたのですが、小さい頃はアニメのような画像よりも、実際の子ども達が映っている画像の方が興味を持ちますよね。

プレイアロングは実際の子ども達がたくさん出てきて遊んでいるので、飽きずによく見ています。

 

 

プレイアロングの値段と感想

 

調べてみたら、プレイアロングだけで買った場合は一般価格・税込で45900円みたいです。

ディズニーの英語システム全体に言える、一番の特徴ですが、やはり高いですね。

買って5年弱の今になれば、それくらいの価値はあるし、それ以上に遊んだと思いますが、

最初からこの金額を出して買うのは勇気が要りますね。

 

ディズニーの英語システムのある程度以上のセットなら無料でついてきます。

その方が絶対お得です!と言っていたアドバイザーさんの言葉はウソではありませんでした。

ディズニーの英語システムをやろうか悩んでいて、子どもがまだ小さいのであれば、プレイアロングはとても役に立つと思います。

他にオモチャを買わなくてもいい点と、家にいて子どもと遊ぶネタがない時には本当に助けられました。

 

ディズニーの英語システム全体で考えると、プレイアロングをやっていてもやっていなくても変わらないと思います。

特に内容が連動しているわけでもありません。

4歳5歳くらいから始めるのであれば、プレイアロングは必要ないんじゃないかとも思います。

 

ディズニーの英語システムの、プレイアロングについてでした。

英語に初めて触れるにはとてもいい教材だと思います。

他の教材についても、また別の記事で書きたいと思います。

 

[ad#co-1]

 

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください