ますQ、家を買う(かもしれない)②資料請求と内覧

こんにちは、ますQです。

住宅購入に向けての記事のふたつめです。

家を買うつもりなんて全くなかった私ですが、ダンナの言葉で買うのもアリかも、と思い始めました。

今回は私が家を買うために起こした行動についてを書いていきます。

 

とりあえず検索して資料請求

[ad#co-1]

 

なんとなくマンションを買おうという気持ちになってみたので、ネットで物件を検索しました。

三鷹市は都下の中では物件価格が高く、人気なのか中古マンションも少ないです。

駅チカの物件なんてほとんどなく、あってもまるで手が出ない金額です

駅チカの新築マンションに住める人なんて、私とは世界が違うんだなぁと再認識。

 

物件の検索サイトには、簡単なローンのシミュレーションができるものがありました。

管理費と修繕積立金を入れて、月々の支払いが今の家賃と同額くらいになるようにします。

そうすると、買えるマンションの金額がわかります。

 

で、その金額で改めて検索をかけてみます。

すると、いくつか出てきました。

駅からはあまり近くなく、あまり広くなく、あまり新しくなく、あまり魅力を感じない。。。

まぁそれでも、どのようなものか実際に見てみる必要があるでしょう。

ネットの資料だけではわかりませんからね。

このくらいの値段だとこのくらいの物件、という目安にもなります。

 

その検索サイトで、目についた物件4つを選びました。

物件によって、担当する不動産会社が違うのですね。

当たり前なのかもしれませんが、不動産会社がかぶっていることはなく、たくさんの会社があるんだなぁと思いました。

「まとめて資料請求する」というボタンがあったので、それを選びます。

「実際に物件を見てみたい」と「メールで連絡がほしい」にチェックを入れて、送信しました。

すると。。。

 

1分も立たないうちにスマホが鳴り出しました。

03から始まる知らない番号で、おそらくは資料請求したうちのひとつの会社でしょう。

メールでの連絡を希望したのに、すぐに電話が来たのにはちょっとビックリしましたね。

育休中でヒマなので電話に出てみました。

 

4つのうちのどの物件についての話なのかわからないまま、電話の会話は進みました。

問い合わせした物件はすぐに内覧が可能だそうです。

購入を視野に物件を見るのは初めてなこと、だいたいの希望や年収など、なんか色々聞かれるままに答えた気がします。

で、数日後に物件を見に行くことが決まりました。

 

その日の夜にはウチのポストに、問い合わせした物件の資料と、その周辺の似た物件の資料が入っていました。

不動産屋の仕事の速さにも驚きましたね。

もらった物件リストの中に、他に資料請求した物件も入っていたので一緒に見に行くことにしました。

 

最初の電話に出て色々聞かれて、物件を見に行くことまで決まってしまいました。

その後も、他の会社から電話が入っていましたが、気持ちが疲れてしまったので出ませんでした。

問い合わせした物件についての資料がメールで送られていました。

この時資料請求したのに電話に出なかった会社のひとつからは、3か月たった今でもスマホに着信があります。

何度もかかってくるので申し訳ないのですが、着信拒否にしました。

まとめて資料請求なんてするものじゃないなと思いました。

 

物件を内覧

[ad#co-1]

 

そして物件の内覧の日がやってきました。

平日なので、私と次女だけです。

すてに退去している物件なので、気楽ですね。

 

不動産屋さんに車で迎えに来てもらって、向かいます。

私は生まれてからずっと三鷹に住んでいて、希望物件も三鷹なので土地勘はあります。

でも、いざ自分が住むかもと思って実際に行ってみると、駅からの距離や周りの道路の様子とか、気になりますね。

部屋の内覧自体は、賃貸の時と何も変わりません。

不動産屋さんに簡単な説明をしてもらったら、あとは自分の気が済むまで色々見るだけです。

 

この日は2件見たんですが、どちらも、ないな、という感想でした。

ひとつは、賃貸なら考えてもいいかもしれないけれど、買う物件ではないなと思いました。

もうひとつは、気に入る要素がひとつもありませんでした。

 

価格の面からとりあえず見学してみたけれど。

場所(駅からの距離)、広さ、外観、間取りなどのすべてにおいて希望を満たしていませんでした。

部屋の中を見ても、自分たち家族が住む想像ができない。

つまりは、ワクワクしないんです。

ここに住まなきゃいけないなんて、、、と後ろ向きになってしまう感じです。

それじゃ意味がないですよね。

 

家を買うって、人生に一度あるかないかの大きな買い物です。

そのためには今後が楽しみじゃなきゃ意味がないし、全てに妥協してお金に無理して買う必要はないです。

いい物件に出会えなければ意味がないんだなぁと思いました。

不動産屋さんは、物件を見る目をつけるためにも、たくさん見た方がいいと言っていました。

いざ買いたい物件が出た時にも、そこに決めていいのかの判断がつけやすいとも言っていました。

気長に探しましょう、と言ってくれましたね。

 

家を買うには、色々見ることも大事だけど、資金計画が一番大事とのことです。

いくらくらいの物件まで買うことができるのかを知らなければ、物件を探せない。

いい物件があっても買えなければ意味がない。

言っていることは理解できますが、ちょっとおカネのことばかりを言われていい気分ではなかったのですが。

一度資金計画を立てましょう、ということで、不動産会社に家族全員で行くことになりました。

 

その時のことと、その不動産会社へ抱いた不信感については、次の記事で書きたいと思います。

 

[ad#co-1]

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください