アナログますQの、アナログぶり

こんにちは、ますQです。

先日ふと、ブログのタイトルに、「アナログますQ」とつけているわりには、あんまりアナログ人間ぶりが表現できていないかなぁと思いました。

いくつかの記事ではしっかりと書いていたりすんですが、実際には全然足りない(笑)

ということで今回は、私のアナログな生活や性格について書いてみたいと思います。

 

昭和に生きたかった

[ad#co-1]

 

「料理ができない」「方向オンチ」「字が汚い」「注射嫌い」「英語ができない」に続く、私の6つめの特徴は「アナログ人間」です。

って言うか、ブログタイトルにしているんだから最初に紹介すべき特徴ですね。

新しいモノが嫌いな性格と言うわけではないのですが、ITやデジタルにはとことん弱いです。

 

「古き良き時代」なんて言いますが、ちょっと昔が羨ましかったりします。

戦争さえなければ、昭和初期が過ごしやすそうだなぁなんて考えちゃいます。

テレビも携帯もなければない方がいいです。

ラジオと文通でいいじゃない、って思っちゃいます。

実際に昭和初期に戻ったら、すごく不便なんでしょうけどね。

 

 

電気代が安い??

 

子どもがいる今の生活の話ではなく、学生時代や結婚前に実家に住んでいた時のことなんですが。

私の部屋で電気代を使うようなモノは、灯りくらいしかありませんでした。

テレビもないし、音楽もない。

勉強机に向かって、絵を描いたり文章を書いていることが多かったですね。

ついでにエアコンもありません。

親ですら「エアコン買う?」と言ったくらいですが、「あっても使わないからいらない」と答えていました。

暑いのは嫌いじゃないのでガマンできるし、寒いのは厚着したり布団をいっぱいかければいい、そう思っていました。

 

兄の部屋が常にテレビかCDで音が出ていて、エアコンがガンガンで夏は寒く冬は暑かったのとは大違いです。

兄妹でも正反対の部屋でしたね。

私はよく兄の部屋にいましたが、兄が私の部屋に来ることはほとんどありませんでした。

他人にとっては何もない、居心地の悪い部屋だったのでしょう。

部屋ごとに電気代を出したら、兄の部屋と私の部屋で何倍違ったんだろうと思います。

 

携帯もなければない方がいい

 

今やかなりの必需品の携帯電話ですが、私はなければない方がいいなと思ってしまいます。

今持たないと周りにも迷惑になるし、実際は毎日スマホを使っているので、なくなったら困るのですが。

携帯電話が普及する前の時代に戻れるならそれでいいと思っています。

 

家の電話があれば離れた人とも連絡できるし。

メールはパソコンですればいいし、急ぎじゃなければ手紙を書けばいい。

ネットもパソコンですればいいし、そもそもネットはしなくても困るモノではない。

ヒマだったら本を読めばいい。

そんな考えです。

 

今も、家に帰ってもカバンの中にスマホを入れたままで、寝るときに取り出すことも多いです。

そんなに頻繁に急ぎの電話やメールが来るわけではないですからね。

結婚してからダンナが、私に連絡がとれないからと言って固定電話を買ってきました。

 

そんなこと言ってますが、高校1年でポケベルを持ち、高校2年でPHSを持っていました。

同世代の人しかわからないかもしれませんが、結構早くにポケベルやPHSを持っていたんですよ。

その頃は友達と繋がれるのが嬉しくて、いっぱい使ってましたね。

 

SNSって何??

[ad#co-1]

 

携帯もいらないとか言ってるくらいなので、SNSもよくわかっていません。

スマホにした時に友達にLINEは設定され、メール代わりによく使ってますが、友達とのやりとり以上のことはしていません。

ゲームもタイムラインも使っていません。

 

ツイッターやフェイスブックや、インスタグラムとかは耳にしますが、やったこともありません。

それぞれどういうものかも、あまり知りません。

友達のフェイスブックとかも、見たこともありません。

かなり前にミクシィには招待されましたが、何もしなかったらそのまま退会になっていたようです。

 

あんまりSNSの意味もわかっていないんですけどね。

調べてみましたが、内容が理解できませんでした。

「コミュニケーションができるウエブサイト」と言う意味のようでもあります。

だとしたら、他の人がコメントできるこのブログもSNSなのかな。

私も立派にSNSを活用している人間ということになるのでしょうか。

 

機械に弱い

 

「アナログ人間」って調べてみたら、「パソコンできない人が言い訳に使う逃げ口上」と書かれていました。

そのとおりですね(笑)

 

パソコン始め、機械はさっぱりわかりません。

パソコンは仕事で使うので、必要な操作はわかるし文章を書くのも早い方だと思いますが、使わないモノに関しては何もわかりません。

時々、「共有フォルダのサーバーが変わります」とか、「〇〇をインストールして下さい」とか言われると、もう何を言われているのかもわかりません。

周りに助けてもらいながらなんとか切り抜けます。

席替えとかでパソコンを移動しなければいけない時も、私がモタモタしていると誰かが見かねてやってくれます。

 

パソコンだけでなく、家電とかも全然使いこなせてませんね。

基本の使い方以上のことはできない。

調べようともしませんね。

 

炊飯器や洗濯機やエアコンも、スイッチを押して使うだけで、タイマーすら利用したことがありません。

最初の設定のまま、何も変更していません。

使いこなしたら便利な機能がたくさんついているだろうことは想像できるのですが、特に今のままで不便を感じません。

ウチにある家電のほとんどが、宝の持ち腐れ状態な気がします。

 

機械のことになると、脳が思考をストップしてしまうかのようです。

まったく頭に入らないのです。

機械のことは、専門学校とか理系の大学院とかに進むごく一部の人ができていれば良くて、自分とは縁のないことだと思い込んでいます。

っていうか、自分とは縁のないことと思いたいんです。

できれば避けて通りたい。

 

今は、プログラミングが小学校の必修になるかもという動きがあふみたいですね。

プログラミング!!

なんのことでしょう。

どんなことを学ぶのか、何の想像もできません。

私にとってはかなりの衝撃です。

 

何もわからないので、必修にする必要があるのかどうかの判断もできません。

でも、子どもを私みたいなアナログ人間にしないためには必要かもしれませんね。

これからの時代は、デジタルに拒否反応を示すようだと生きづらいかもしれません。

私が教えることは絶対にできないことなので、学校で触れてくれるのであれば、それもいい気がします。

 

 

まだ説明し足りないような気もしますが、私のアナログ人間ぶりについて書いてみました。

こんな人間でもブログをやっているのが奇跡のようだということが伝われば嬉しい(?)です。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

[ad#co-1]

 

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください